葉色BLOG

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト ■観葉植物 > ウンベラータ > ウンベラータを見上げる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウンベラータを見上げる

青々と葉を茂らせるウンベラータ。
幹が凛と真っ直ぐに伸び、堂々とした姿。
ゆるやかなハート型の愛らしい葉っぱ。

観葉植物の中でも特に人気ですよね。

entry_img_61.jpg
こんな風に見上げるのも好き。
葉の緑をキラキラと光が透き通っています。
(うまく撮影できず、暗い写真になってしまった。)

太陽を求めて四方に広がる枝も美しいです。
植物って、どうしてこういう効率をよく光合成する方法を知っているんだろう。
とーっても不思議。

ウンベラータは背丈が低くても貫禄を感じさせられます。


ウンベラータの語源


ウンベラータ(umbellata)という名前は、アンブレラ(umbrella)からだと聞いたことがあります 。
確かに、文字の綴りや音が似ていますよね。

「傘」という意味からも、
大きな葉をたくさんつけるウンベラータのイメージにピッタリだと感じました。

では更にもう一歩、調べてみます。



傘の歴史について調べると、もともとの『傘の目的』が

単に雨を凌ぐ道具としてではなく、
『高貴な方を守るため』に使われていた
という事がわかりました。

権威を示す意味合いが強かったなんて。
これには驚きました!

それが時代が進むにつれ、変化していったようです。

ラテン語 umbra(ウンブラ) 「影・日陰・蓋うもの」という意味。

イタリア語でOmbrellaに変化。(意味は「日傘」に)

英語のumbrellaになった。現在ではアンブレラは主に雨傘の意味になっていますね。


言葉のルーツを探ると、想定外のエピソードがあったり。

この最初の意味を知っていたら、
傘をさすのも、また一味違った気分を味わえそうじゃないですか(^O^)

という訳で
今日は観葉植物から傘の話題になってしまいました。


P.S.和傘も風情があって好きです。
関連記事

Comments

post
2013-08-17 
ウンベちゃんもやっぱりいいな〜♪
(アレ?前にも同じようなコメントしたような…笑)
憧れの植物の1つなんですよ〜(^^)

緑を見上げるって、いいですよね☆
それこそ“緑のカーテン”じゃないですけど、葉っぱを透過した光(日差し)って、すごく柔らかい感じがして気持ちがいいですよね。

私も物の名前について調べるの好きです。
その物がどういう理由でその名前で存在しているのか…すごく興味があります。
特に人の名前はどういう意味(想い)を込めてつけられたのか…その人を取り巻く環境(主に誕生日)から想像して「きれいな名前だな〜」「なるほどな〜」とかよく一人で想像してます(笑)

>この最初の意味を知っていたら、
傘をさすのも、また一味違った気分を味わえそうじゃないですか(^O^)
確かに!そう思うと、雨の日もただのビニール傘じゃなく、素敵な傘で出かけたくなりますね!
ようこのじょうさん@お返事
2013-08-18  ようこのじょうさんへ
共感して下さってありがとうございます!
ウンベラータはどこに置いても馴染むオススメの植物ですよ♪ようこのじょうさんも絶対に気に入ると思います!あとは寒さに弱くなければ…ですよね(-_-;)
もし挿し木をしたら、ようこのじょうさんにお分けしたいです。でも枝を切るのは樹形のバランスをみながらなので、来年になってしまいそう(+_+)

『名前に込められた想い』、素敵ですね(^∇^)
言葉や音楽にも、一瞬で人の気分とか場の空気を変えられるパワーがあってスゴいですよね♪

あひるさん@お返事 [Edit]
Comment form

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。