FC2ブログ

葉色BLOG

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト ■観葉植物 > 観葉植物の育て方・管理方法 > 今年も室内に取り込みました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も室内に取り込みました

今朝はかなり冷えましたね。
気が付いたら私は、
お布団にグルグル巻きで寝てました


そろそろ最低気温が15度前後になってきたのと、
台風の対策とで

春~秋までの間
ベランダに出している観葉植物を
部屋の中に入れる事にしましたよ。

entry_img_212.jpg

とりあえず仮置きで、
ダイニングのコーナーにウンベラータ。

どこに置こうか迷いましたが、
私たち家族(人間側)が生活する上での
動線の妨げにならない場合。

なおかつ、
ウンベラータに冬の間も
なるべく機嫌よく過ごしてもらえそうな所。

やっぱり
普段の暮らしに邪魔にならず
インテリアにも彩りを添えてくれる飾り方ーが理想ですよね(*^^*)


もし、しっくりとこない場合には
また移動させて
様子をみればいいのかな~
なんて思ってます。
関連記事

Comments

post
2014-10-07 
お〜!w(゜O゜)w
何か…更新したてにお邪魔したっぽい☆

あひるさんのウンベ、おっきいですね!いただいたコのお母さん株ですか?(^^)
こういうリビングに憧れます…うちではまだまだ無理だけど(^^;)

寒さ対策に頭を悩ませる(?)季節がやってきましたね〜(><)
あひるさんは準備がいいですね!もう対策とって室内に移動させてるなんて…。
…もっと寒い地方の私、まだまだな〜んもしとりません(^^;)
↓寒さ対策覚え書き(?)とってもわかりやすくて、きっと植物初心者の方には嬉しいんではないでしょうか?市販の本やネットでもこんなに丁寧に詳しく書いてるもの、そうないですよ!
ようこのじょうさん@お返事
2014-10-08 
あひるさん、こんにちは!

こたつむり主婦です!(^^)!

先日は、ウンベラータのアドバイスをいただきありがとうございました!

季節によって、置き場所を移動してあげることも観葉植物にとって大事なことなんですね。勉強になります!

ちなみに、ウンベラータはエアコンの風(暖房)が直接あたる場所は避けた方がいいのでしょうか(゜゜)?
こたつむり主婦さん@お返事
2014-10-08  ようこのじょうさんへ
わわわ!ほんとだ~
投稿して10分くらいでしたね!(^^)!すごい!!
そして…うれしいお褒めのお言葉、ありがとうございます(感涙)

私も「もう寒さ対策の季節がはじまるんだー」って思ってたところで…
とりあえず取り込んだ程度なんですけどねf(-_-;)

はい♪そうですよん、おかあさん株です(^^)
ようこのじょうさんのブログにも、ちょうどウンべ&モンスの写真が載せてあって
キャーって思ってました(*´ω`*) ←コメント書きに行きますね☆
あひるさん@お返事 [Edit]
2014-10-08  こたつむり主婦さんへ
そうですね。
私が持っている本には、どれも「冷暖房の直風はNG」と書かれています。

理由としては
①葉の水分が奪われ乾燥する
②エアコンをつけている時と消した時との温度差ができる
ことから、観葉植物にとってあまり好ましくない環境なのだと思います。

人間と観葉植物とでは
『心地良いと感じるポイント』が異なるという事なのでしょうね。

ウンベラータの苗(まだ樹みたいに大きくなっていないもの)は
体力も少なく、弱い面があるので
特に最初の冬は注意して育てていただきたいかなと思います。

ですが…
これからウンベラータの幹が太く大きく育つにつれて
乾燥や寒さにも少しずつ強くなってきますし、
こたつむり主婦さんも、観葉植物に慣れてきて
『葉がチリチリに乾燥していないか』など
わずかな異変を早く察知できるようになれると思いますので、
その時には また置き場所の可能性も広がるのではないでしょうか(^^)

という訳で
とりあえずこの冬は、なるべく安全にという方向で
乗り切ってみませんか?(^^♪
あひるさん@お返事 [Edit]
2014-10-09 
あひるさん!(^^)!

詳しく教えてくださってありがとうございます!!!

とても勉強になります。

この冬は、安全に安全に、乗り切れるよう頑張りたいと思います!(^^)!
こたつむり主婦さん@お返事
2014-10-10  こたつむり主婦さんへ
いえいえ、どういたしまして☆
立派なウンベラータに育つといいですね(^^♪
あひるさん@お返事
Comment form

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。