葉色BLOG

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト ■種からモンステラ > 種の到着&種蒔き > モンステラの種まき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンステラの種まき

種まき前の準備


モンステラ・デリシオーサの種を
モンス水_convert_20130407004923

一晩こんなふうに、水の入った容器に入れておきました。

はじめはプカプカ浮いている種もあったけれど
取り出す時には全部 底に沈んでいたので、
浸けている間に、たっぷり水を吸ってくれたようです♪

これで うまく芽が出てくれるといいなぁ。

モンス24h後_convert_20130407005155

すこーし種が膨らんだような(=_=)


たくさん種があるので、
ついでに植物用の活力剤の効き目を実験中!

①普通の水道水 ②メネデール ③HB-101 で試してます。
やはりたった1日では、変化が見えませんでした。

効果が出るには、まだまだ時間が必要ですね。
引き続き やっていきます♪


そして、種蒔きは次のステップへ進みます!

モンステラを土に蒔く


種まき用の ふかふかな土を用意しました。


種まきの土_convert_20130407012111

商品名:さし芽種まきの土/自然応用科学(株)

パッケージに『発根を促進する』というフレーズがあります。

この土には、酸素の粒剤が混ぜてあって
発芽・発根に必要な酸素を与えるのが特徴。

植物=二酸化炭素が必要なイメージですが、
根っこには酸素が要るんですね!


※種まきの場合は発芽するまで
土の表面を乾かさないようにするのがポイントです

育苗ポットは、こちらをチョイス↓



育苗ポット2_convert_20130407005102

商品名:種まきハウス/第一ビニール(株)



モンステラの種に合わせて、大きめのポットを選びました。
育苗ポット3_convert_20130407005227

9穴×2シート
真ん中でわかれているので、管理もしやすく便利そう。

この商品は
『種まき用のポット』に『アンダートレイ』と『透明カバー』がセットになってます。

トレイは、水や土で周囲を汚さないようにするために。
透明カバーは 湿度&温度対策として使います。


お値段は特価で398円 (←定価は580円となってました~)
これはもう、購入の決め手でした☆


植えてみました



まず種まきポットに土を入れて、全体に水をかけて湿らせておきます。

モンステラの種まきについて調べたら
『種の半分を土に埋める』とあったので
参考にさせて頂きました。

ふんわり土をかぶせて、種まき完了!!


初めての事ってなんだか不安(>_<)

でも
大丈夫。きっとうまくいくと信じて待とう☆


モンス植え完了_convert_20130407010556


画像の左側 縦3穴×横2列=メネデール
   右側 縦3穴×横2列=HB-101

   中央 縦3穴×横2列=水道水のみ

さて。どれが最初に動きだすかな

モンステラの種まき手順まとめ



 ①種を水に浸ける(24h)
 ②ポットに種まき用土を入れる
 ③土に充分 水を与える
 ④種を置いて、上から軽く土をかぶせる


アップの写真はまた載せていきますね。
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。