FC2ブログ

葉色BLOG

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト ■観葉植物 > ウンベラータ > ヒゲがモジャモジャ伸びてきた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒゲがモジャモジャ伸びてきた

今まではチョコンと生えている程度だった
ウンベラータの“気根”が急激に伸びてます。
(気根について詳しくは⇒ウンベラータ「赤い根」の正体

やっと「気根の長さが出てきたかな」と思った途端に
自然とポキポキと折れてしまう。
今までは、そんな繰り返しだったんですよ。

だから、こんなに気根が長くなったのは初めて!!

ウンベラータ気根

カーブを描いたり
斜めになったりしながらも
一応、下に向かって進んでいます

entry_img_198.jpg

近寄ってみると…
なんとも不気味な色ですね。

光の加減で
紫や黒っぽく見える部分もあって、
なんだか毒々しささえ感じさせられるよう。

見た目が悪いかな~。目立つかな~。

でも別に害があるわけではないので、
とりあえずは切らずにそのまま放っておくつもりです。

水遣りを控えると気根が伸びる?


「なんでこんなに激しく伸びているんだろう」と原因を考えてみました。

振り返ってみると、この夏は水遣りが少なめだったようです。
では、なぜ水遣りの頻度が変わったのかー。

思い当たる理由は、ウンベラータを置く場所の環境が変わった事。

太陽の光の強さや、風通しの違いが
水遣りのペースにも影響していたと思います。

今までの夏は


まず、去年(引越前)までの住まいは
南西から直射日光がガンガン入る間取りでした。

もう1日中うだるような暑さ。
午前10時には、30度近くまで達して
それが夜になっても全然室温が下がらない日々が続いてました。

今思えば、人間にも植物にも
過酷な住み処だったのかもしれません。

植物だって、
朝に水遣りをしても
夕方には土がもうカラカラだし。
しかも鉢の中まで熱を持ってしまう状況。

だから水分補給だけでなく
土を冷ますために、
多いときには1日に2回も水をかけていたんですよね。

この夏からは


今のマンションに住み替えてからは、
日光や西陽がギラギラ強すぎると
いう感じが少なくなりました。
外壁で直射日光がうまく遮られているおかげですね。

実際に、鉢自体の温度上昇も抑えられているし、
曇りの日などには
「土が乾くスピード」が緩やかになったんですよ。

だから
『毎日、絶対に水遣りしなきゃー』
『水が追い付かない!!』
というプレッシャー(?)から
解放されたんだと思います。

ーと同時に
うっかり水遣りを忘れてしまう日も増えてしまいました。
日没後に、慌ててザバーっとお水をかける事もあったりで

そんなこんなで

全体的に土の水分が少なめだったのが、
気根の長さに影響しているのかな
と推測している次第です。

水平線雲

↓低い位置からの気根は

ウンベラータ赤いヒゲ根

土まで到達。
潜りはじめてまーす

関連記事

Comments

post
2014-09-02  ヒゲ
以前太い気根に覆われたこれぞ熱帯植物って感じのウンベラータを見たことがあります。
へぇ〜はじめはこんな気根なんですね^ ^
大型種は育て方で雰囲気が変わってくるのも魅力を感じます。
オレアさん@お返事
2014-09-03  オレアさんへ
> 大型種は育て方で雰囲気が変わってくるのも魅力を感じます。

そうですよね!!
今ではすっかり魅了されています(^◇^)

大変なのは…①植え替え②置き場所のスペース③移動 ですね。
でも、それ以外の面では育てやすい品種が多いかと思います(^^)
あひるさん@お返事 [Edit]
Comment form

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。