FC2ブログ

葉色BLOG

Home > ■Simpleで心地よい暮らし > ベランダ > ベランダタイルの実力は?

ベランダタイルの実力は?

ベランダにジョイント式のタイルを敷いてから
約3週間がたちました。

見栄えが華やかになる事を期待しての購入でしたが
「どのくらいの変化があったのか?」
「果たして本当に敷く価値があるのか?」
その辺りを写真で比較してみたいと思います。

ベランダ全体から


こんな風に、テラコッタのタイルを組み合わせました。
ベースは白でアクセントに茶色を使っています。

entry_img_153.jpg

このタイルはベージュ系も茶系も、どちらも素敵なんですよ。

タイルの枚数が足りなくて、まだ一部分なんですが、
それでも全体の雰囲気が柔らかくなった様に感じています。

室内からの眺めも良くなった


窓際で写真を撮ってみました。
リビングから外に目を向けると・・・

【before】
室内からベランダ

防水加工されたビニールの床。
薄暗いグレー色で気になっていました。
↓ ↓ ↓


【after】
室内とベランダ

タイルを敷いたら床が明るくなりました。
以前と比べてベランダの明るさや奥行きがアップできたように思います。

それから、ガラス越しに繋がりも感じられるように!
なんだか部屋とベランダに一体感が生まれたようで
空間が広々と感じられる気がします。

近寄ると


まだ全面に敷き詰められていので
完成度としては低い状態なのですが…。
テラコッタのタイルが美しく、
一部分だけでも、やってみて大満足!な仕上がりです。

ベランダタイルのアップ

床の見た目が変わって、洗濯を干す時にも嬉しいです。
植物の緑とも相性が良く、とても似合います。

ちょっと気になるところ


使ってみた感想を正直に書いてみますね。
私が思うのは
①値段が高い
②重たい(1枚約2キロ)
③表面がザラザラしている

特に③番!
レビューでも「ストッキングが破れそう」と書かれていますが
タイルの表面が、かなりザラついています。

滑り止めの加工なのでしょうか。
私は素足で歩き回る事もないので、そこまでデメリットには感じませんが…
ペットや小さなお子様がいるーという方には
質感が気になるかもしれません。

水平線a

多少の不満点はありますが、
それでもなお
全面に敷き詰めたくなる素晴らしさを持っている商品だと思います!



まだまだ理想のベランダには程遠いんですが、
数年単位で のんびり楽しみながら
ベランダ造りを楽しんでいけたらいいかな~と思ってます。
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL