FC2ブログ

葉色BLOG

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト ■観葉植物 > ワイヤープランツ > やっぱり『プラ鉢』がお手軽

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり『プラ鉢』がお手軽

ひとくちで『鉢』と言っても、
様々な材質のものがありますよね。

植える鉢でイメージがかわるから
白い陶器の鉢をはじめテラコッタやハンギングバスケット
木製の樽みたいな鉢も試してきました。


そんな中で私がいつも
つい手が伸びるのは、プラスチック製。

entry_img_146.jpg
長年使い慣れたプラ鉢は
勝手がわかっている分、扱いも気楽で。

現在、愛用している鉢のほとんどがプラスチック製です。

プラ鉢は“万能選手”


親しみやすく気軽に使えるプラ鉢は、
どんな草花を植えても育てやすい優秀な植木鉢です。

プラ鉢の特性


プラ鉢の魅力、たくさんあります。
  • サイズや形、カラーが豊富。
  • 安価。
  • 軽くて持ち運びやすい。
  • 程よい水捌けと保水性。
  • 取扱い店舗が多い。

などなど。
外気の湿度の影響を受けにくいので
鉢の土中に含まれる水分量の調節がしやすいのも特徴です。

植物に最適な湿度を保ちやすく
健全に管理・育成させるために非常に役立ちます。


また、ベランダやお庭はもちろん
お部屋の中に緑を飾りたい場合にもプラ鉢は便利ですね。

唯一の難点は…


気になるのは見た目でしょうか。

あまりオシャレとは言えませんよね。。。

そこでプラ鉢のチープさを克服するために
素敵なカバーにインして鉢部分を隠してみたり。
それからプラスチックに見えない風の鉢を探したり。
あとはもうデザインは完全に諦めちゃって…妥協する!?

うーん。
プラ鉢にデザインや装飾までをも求めるのは、酷なのでしょうか。

時々、違うタイプの鉢に目移りしたり


機能的には申し分ないプラ鉢。
ですが飽きてしまって、他のものを使いたくなる事もあります。

↓例えば

ワイヤープランツ、ハンギング横から

こんなふうに
演出方法をちょっと変えてみるだけでも、
緑がより一層映えますよね。

眺めていて、とても癒されます。

でも、失敗しました!


かわいい飾り方に満足していたのですが…
このバスケットは土が見る見るうちに乾いてしまいました。

真夏は『毎日朝晩』水遣りをしなければ追い付かず、
かなり大変でした。

ハンギングって、こんなに土が乾燥するんだ(>_<)

このワイヤープランツ
幾度も枯れかけの危機にさらしてしまました。

結局、またプラ鉢に戻しました。

鉢の選び方


鉢の素材によって、
それぞれに一長一短があります。

鉢を選ぶときにはその植物が好む環境
水遣りなどをする人のライフスタイルも総合的に考えると事も大切なのだと学びました。

「日々小まめにお世話ができるのか」
それとも
「手を掛けられる時間が限られているのか」

植物との付き合い方によって、使う鉢との相性もあるんですね。

水平ラインクローバー二重線

私の場合は
今後もプラ鉢の出番が一番多そうな気がしてます(´▽`)

関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。