FC2ブログ

葉色BLOG

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト ■家族のこと > 子供と > 次々にプラレールを欲しがるので、紙とクーピーで工作してみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次々にプラレールを欲しがるので、紙とクーピーで工作してみた

男の子はみんな誰しもが一度は、
電車か自動車のどちらかに熱中する時期があるらしいですね。

うちは「電車派」みたいで
E5系新幹線はやぶさに興味を持ったのがキッカケでした。

電車グッズ大好き。
もちろん、プラレールも。

「次は○○がほしい」
「□□も集めたいな」
毎日毎日こんな調子。
朝から寝る直前まで、ずーっと主張が続く日もあります。


そうだよね。電車大好きなんだもんねぇ。
でも現実は、そう頻繁に買い与える訳にはいきません。
(誕生日とかクリスマスのプレゼントにして~)

―とは言っても
夢中になれるって素晴らしいこと。
カッコイイ電車がいっぱいあるから
「コレクションしたい」っていう気持ちも、わからなくもないし。

ただ我慢させるだけじゃなくって
子供の純粋な想いを親として応援してやりたい。

そこでプラレールのカバーを工作してみました。

かぶせると…

プラレール カバー

たちまち変身!!

プラレール 工作

2つも作成しました。
子供もクレヨンで塗ったり、糊でくっつけたり…
一緒に楽しめました。


プラレール

握りしめたまま、片時も離しません。
すっかり御気に召した様子で。

何日も飽きずにニコニコ(ニヤニヤ!?)遊んでくれてます。

まさかこんなに喜んでくれるとは!
これは予想外の好反応です(≧▽≦)

なんだか、既製品のおもちゃよりも食い付いているような。。。

ペラペラなコピー用紙じゃなくって、厚紙で作ってあげたら良かった。


参考にしたのは


プラレールの本。
entry_img_141.jpg

こちらの巻末についていた型紙のページをコピーして使いました。
ハサミで切って、太線で折って組み立てるだけなので簡単にできました。

正面の電車の顔部分は空白になってます。
窓枠の位置もライトの数も、自分で決められますね。

あまりに真っ白で何の補助線もないので、私はちょっと躊躇しましたが(^^;
子供が工作するときには、このくらい自由な方が伸び伸びとできていいのかも。

プラレール 165系

リクエストされた“165系急行電車”をお手本に。
この橙色と緑の車体と、レトロなデザインがいいんだって。

息子よ。3歳にしては…渋い趣味してるよね。

水平線雲


一緒に工作をしてからは
あんなに「ほしいよ。買って~」攻撃だったのが
嘘だったかのようにピタリと止みました!


子供なりに、何かを感じ取ってくれたのかなぁ~。

今回の経験は親の私にとっても、勉強になりました。
おもちゃはお金で買うだけじゃないんですね。

関連記事

Comments

post
2014-03-26  すばらしい!!
先日はブログの方にコメントいただきありがとうございます(^^)

プラレールカバーを手作り
感動しました…!!

しかも子供と一緒に作って、お子さんもうれしかったことと思います。
それに、何かを作る、自分で遊ぶおもちゃを作るってとてもいい経験だと思います。
学校でもおもちゃ作りの経験を積ませる授業をするくらいですから、心も脳みそもすくすく育っていると思います☆

なんて、子供のいない私の言うことではないですが(汗
あまりに感動したのでつい(笑

またブログにお邪魔します(*^^*)
ノリコさん@お返事
2014-03-27  ノリコさんへ
こちらこそ、ありがとうございます(^^)♪

ノリコさんが寄せて下さったコメントを読んで、
子供の想いをも代弁してもらったようにも感じ、とっても嬉しいです。

それから
「オトナになっても、子供だった頃の心を忘れずにいたい!」そう、思っていたはずなのに。
いつの間にか『親側の目線』比重が高くなっていたかも。とハッとしました。

だから、こうして反応を頂けるのが
すごくすごーくありがたいです。本当にありがとう~。

今は素敵な授業があるんですねぇ。知りませんでした!!

私もまたブログに伺いますね。ヴァイオリンも頑張ってp(○´∀`)

P.S.子供がもう少し大きくなったら、一緒に音楽やりたいなぁ~なんて思ってたりもします(*^^*)
まずはやっぱりピアノからスタートかなぁ。いつかは親子での共演を夢に。
あひるさん@お返事 [Edit]
Comment form

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。