FC2ブログ

葉色BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩秋の多肉植物と・・・

秋の深まりとともに
多肉植物の「グリーンネックレス」が伸びています。

entry_img_230.jpg

垂れ下がってきたグリーンネックレスが
たまらなくかわいいです♡

先月のグリーンネックレス!で載せた写真と比べると

グリーンネックレス新芽
2014.10.16の記事

粒々が増えているのが一目瞭然!
うれしい(^^♪

南側のベランダで
半日くらい太陽が当たる場所に置いてみたら
グリーンネックレスの調子が良いみたい(*´ω`*)


そして相変わらずなのは、十二の爪。

十二の爪201411

9月末に買ってから「どこか変わった?」
ものすっごい安定感というか・・・。
一向に成長の兆しが見られません。

まぁ、枯れずにいてくれているのでヨシとしましょうか(^^;

それからマンネングサもモコモコと茂ってきて
また株分けできそうな勢いです。
写真はまた載せますね!(^^)!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

実家に寄った時に。
妹が紙粘土で作ってくれた雪だるまちゃん
ニット帽と頬のピンクは、絵の具で色付けしたんですよ。

紙粘土の雪だるま

仕上げに、息子(4歳)がお油性ペンで顔を書き足して完成。
なかなか良い表情してるでしょ(^^♪
ほんわか癒されます。

早いもので、明日から12月!
そろそろクリスマスの飾りつけで彩られて
街中が賑やかになる季節ですね
関連記事
スポンサーサイト

ちびモンスたちの旅立ち

3連休が終わりましたね。
早いもので11月も最終週です。

うちで発芽したモンステラたちは、
二度目の冬を迎えようとしています( ^^)

モンステラって生命力が強いんですね。
種まきの時点では約30粒の種があったのですが、
現在に至るまでに枯れた株はほとんどありません。

とても元気に育っていて、
去年と比べて背丈が伸びたし
葉っぱも少しずつ大きくなっています。

さて
「このモンステラが欲しい」という方がいらっしゃいまして…

entry_img_228.jpg

段ボールに詰めて、お渡ししてきました。
たくさん受け取ってくださってありがとうございます(^^♪

残ったモンステラたち。

モンスデリシ201410

一カ所に集めてみました。
ちょっと狭そう?

去年は、この棚に3段入れられました。
だんだん伸びてきたんだな~と実感です。



関連記事

バルーンを刺繍しています

趣味のクロスステッチを
ちょこっとずつ進めてます(^^♪

私は「同じ色から攻めていく作戦」
図案の升目専用の布に刺繍した数
同じになるようにカウントしながら刺繍をしていきます。

entry_img_215.jpg

1マスずつ刺していくと
だんだんカタチが見えてくるかな?

同じような赤系の色でも
濃いめのダークな赤だったり、暗い赤色、鮮やかな赤色など様々。
ほんの微妙に色を変えることで
「影」や「立体感」を演出しているんですね。

図案の全体はこちら。

バルーングロウ

今取り掛かっているのは
全部で7つあるうちの、一番大きな気球です。

1マス刺すたび
数えながら地道にコツコツと。

バルーン途中経過

1時間も集中すると
細かい作業に目がショボショボしてきます( ̄▽ ̄)
20代の頃は平気だったのになぁ

この作品で使う刺繍糸は全部で47色
単色や2色のみのクロスステッチもある中、
決して少なくはない方だと思います。

使う色が多いほど難易度も高くなり、
刺し間違えのないようにカウントするのも
針の色を交換するのも大変(>_<)

ですが苦労して糸を交換した分
出来上がった作品に「奥行き」が生まれる!
と自分に言い聞かせてがんばってます

まずは気球1コ完成させるのが目標(*^^)v
関連記事

モンステラの観察

モンステラという植物は、
切れ込みが多ければ多いほど
穴がたくさんあいているほどカッコイイと思うんです。

リビングにモンステラ

大型でワイルドなモンステラに憧れています(^^♪


我が家のモンステラは
2009年に5号サイズの苗を買ったもの。
(昔の記事:うちのモンステラ←お恥ずかしいですが)
最初は可愛らしいハート型の葉だったんですよ~。

それが時間をかけてだんだん立派に育ってくると、
葉っぱの形が変化したり、株全体の雰囲気も男前になってくるんですよね。

モンステラは『育てる楽しみ』が長ーく続くし、
本当にいつまでも見飽きない観葉植物だと思います

モンステラの「切れ込み」と「穴」の数


「切れ込み」とは外側にある切れ目のことを、
葉っぱの中央部よりにあいているものを「穴」を呼んでいます。

entry_img_226.jpg

↑こんなイメージ。

今ある葉(全部で5枚ついてます)
切れ込み&穴をカウントしてみました~。

切れ込み:8→9→13→17→14

穴の数:0→5→11→8→7

ひといきに右肩上がり…にはいきませんね(^^;
でもまぁ順調な方ではないかなと思ってます。
鉢植えだし冬もあるし、ね。


増えたり、減ったり。
前に進めた!と思いきや、うまくいかない事があったり。

―なんだか人生にも似てるかも。

モンステラを眺めながら
そんなことをぼんやりと考える土曜の夜でした
関連記事

オーガスタについて

うちのオーガスタの様子がおかしいです。
伸びかけていた新芽が、急激に茶色く干乾びてしまいました。

観葉植物の調子が悪くなった時には
  • 水の過不足
  • 低温による被害
  • 葉焼け(急激な強い日光)
  • 肥料のやり過ぎ
  • 根腐れ
  • 害虫
  • 細菌などによる感染症
が主に考えられます。

多くのケースは『水・気温・日光・風通し』が直接的な原因として
関わっているケースが殆どではないかと思います。

ですが今回はどうも様子が変。
今まで経験したことがない異様な枯れ方です。

先日の記事では「葉焼けでは」と考えていたのですが、
観葉植物のブロガーさんとお話しているうちに
『もしかしたら他に理由があるんじゃないか』と感じ…
もう一度、徹底的に調べ直してみる事にしました。

似ている症状が見つからないか、
キーワードを何度か入れ替えながら探してみたんです。

そうしましたらストレリチア植物園というサイトにたどり着きました。
ストレリチアを栽培して25年。ホームページを作り上げて11年目だそうです。

とても詳しく研究されており、非常に素晴らしい内容。
レギネ、ニコライ(オーガスタ)ジャンセア…
ストレリチアを育てている方には是非とも知って欲しいサイトです。

オーガスタの中心部が茶色くなった


参考にさせて頂いたのはストレりチア植物園:病害虫のページです。

こちらではストレリチアの病害虫の
原因や経過、対策まで詳細に解説されています。
(写真も掲載されており、
それぞれの初期~中期~末期までの症状など書かれていて
大変わかりやすいです。)

我が家のストレリチア・ニコライに当てはまるのは…
新芽の黒色変色。生育停止。

entry_img_225.jpg

読んだ瞬間「これと同じだ!」と感じました。
どうやら「芯腐れ」という細菌性の病気のようです。

「根腐れ」だけでなく「芯腐れ」というものもあるのですね!
まったく耳にした事がなかったので驚きました。
同時に、自分の勉強不足を痛感しました。

とりあえず傷んでしまった中央の葉を
ハサミで切って外しておきました。
あとは無事に回復できるのを祈りながら
この冬を慎重に越すことに専念したいと思います。



最後に。
前回のオーガスタの記事を読んで下さった方には
誤った情報を書いてしまった事、重ねてお詫び申し上げます。

関連記事

お詫び:オーガスタについて間違った情報を投稿してしまいました

先日のオーガスタの記事では
原因が「葉焼け」と書いてしまいましたが、
再度調べ直した結果「芯腐れ」ではないか―という結論に至りました。

正確な内容で情報を発信できるよう
細心の注意を払ってブログの更新に励んできたつもりでしたが、
間違った情報を公開してしまい大変申し訳ありません。
読みにきてくださった皆様には、混乱とご迷惑をおかけしてしまい…
本当にごめんなさい。深く反省しております。

取り急ぎ、お詫びと不適切記載のご連絡まで。
関連記事

油断してた!まさかの失敗

この時期だから
「有るはずないよね」と
気を抜いていました。

何をやらかしたか?って・・・

オーガスタの異変


つい数日前までのオーガスタ。
成長の姿をブログに載せようと写真を撮ってありました。

中心部からは新芽が出かけてます。

entry_img_224.jpg

もうすぐ新しい葉が広がりそうで
「今日こそ開きはじめるかな」と思ってたのに

たったの一日で

entry_img_225.jpg

干乾び・・・茶色に!!!
もぅショックで言葉が見つかりません。。。

※訂正※
「葉焼け」を疑ってしまいましたが、もう一度調べ直したところ
違う原因なのではーという考えに至りました。

私自身の勉強不足から、間違った情報を書いてしまいました。
大変申し訳ありません


原因は、窓から射し込んだ西日。
きっとオーガスタに直撃してしまったせいだと思います。
植物は日光の恩恵で育ちますが、
『あまりに強すぎる光』を受けた場合には
弊害が生じることもあるようです。

いきなり強烈な日光を浴びると
対応しきれずに『葉焼け』という症状をを起こしてしまいます。

今回のカラカラに傷んでしまった新芽は、
柔らかい光の室内で伸びてきたもの。
つまり、外の強い光線の刺激には順応できていませんでした。

春→夏の時期は
毎年 徐々に光に慣れさせて、
葉焼けをさせないように気をつけていたんですが・・・。
「今は、真夏の日光じゃないから」
「オーガスタは直射日光にも強い植物だから」
と私自身、油断していた部分もあったのだと思います。


まさか秋になってから、
しかも ほんの短時間で、こんな酷く焼けてしまうなんて!
葉焼けって、一年中 起きる可能性があるのですね。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日に日に、上へ上へと伸びてきて
葉っぱが膨らんでいく様子を観察するのが嬉しかった。

楽しみに待ち構えていた矢先の出来事。

オーガスタの今後が心配でなりません。
どうか致命傷にはなりませんように(>_<)
関連記事

北欧雑貨店「LAGERHAUS(ラガハウス)」でお買いもの

スウェーデン発の
北欧雑貨のお店『LAGARHAUS ラガハウス』に
行ってきました。

おしゃれなデザインで、
使うたびに笑顔になれるような
Happyな雑貨が揃っているんです♪

ラガハウスの写真

食器類、テーブル小物をはじめ、
キッチン・リビング雑貨や、
文房具、ラッピンググッズetc・・・。

ラガハウス

大型スーパー『アピタ』に入ってます。
(オンラインサイト:LAGERHAUS JAPAN

私が買ったもの


今回は、華やかな柄で
日々の生活に彩りを添えてそうな
ファブリックをまとめ買いしてきました

entry_img_223.jpg

子供や夫の好みも取り入れつつ、選びました。
いっぱい買い過ぎちゃったかなぁ(>_<)


シンプルでカッコイイ系から、
大胆な色使いの柄まで!

どのテイストも可愛いし、
インテリアともコーディネーターしやすそう。
幅広く活躍できると思います!


コースターとかブックカバーにアレンジするのも
おしゃれですよね。

な~んて。
生地を片手に使い道をいろいろ妄想してます


楽天にも。


ファブリックのサイズも
大きい順から
◆テーブルクロス(マルチカバーとしても使える)
  ↓
◆センタークロス(ポイントに)
  ↓
◆ティータオル(食器拭きとして)
  ↓
◆プレースマット(ランチョンマットくらい)

が揃ってるみたいですよ~

シンプルでかっこいい~


ファブリックの他にも
気になっているアイテムがあって・・・

↓こちらなんです。
ジェムズ

コースター・マグカップ・キッチントレイ・ボウル
(いずれもメラニン製)


同じ柄のマグカップやプレート、トレーなど
お気に入りのシリーズを集めるのも素敵ですよね(*´ω`*)


シーズン毎に新作も出ているそうですよ。
楽しみ&目が離せません♡
関連記事

クッションフロアシートで素敵な床を楽しもう!

うちの洗面所です。
クッションフロアシートを敷いて
『テラコッタ風』な床を楽しんでます。

クッションフロア角

元々のビニール素材の床の上に
そのまま、こういうシートをかけてあるだけなんですよ(^^♪

人気クッションフロア

私が使っているのは
サンゲツの商品でFY-CF0002という品番のタイプです。
(人気ナンバー2のほう)



床が変わるだけで
グッと雰囲気が明るくなるんですよね。

クッションフロアシートの質感


自分で手軽にできるクッションフロアシート。
今では、すっかり気に入ってるんですが、
実際に購入するまで躊躇しました。

ネットでのお買い物って、
実際の色合いなどがわかりにくい部分もありますよね(^^;

そこで今回は、私が買う前に不安だった点を
クローズアップして載せてみます。

【表面】
この写真が、肉眼で見たものと
一番近いんじゃないかな↓

entry_img_222.jpg

結構リアルですよねぇ。
一見では、印刷してあるシートとは思えない仕上がり。

【厚さ】

クッションフロア厚さ

実際に床に敷いたら
足で踏んでも、歩く時も、特に違和感ありませんでした。

説明によると「1.8ミリ」だそうです。

【裏面】
ちなみに、裏側は真っ白。

クッションフロアシート裏面

目盛りなどは入ってません。

【切りやすさ】
長さなどの調節のために。
結果、ハサミで簡単&楽々でした。
クッションフロアシートのカット


シートの隅も、柱などの凸凹に合わせ自由自在。

こうして角にピッタリとフィットさせておけば、
クッションフロアが動いてしまう事も少なくなります。
(うちの場合はテープで固定しなくても、ほとんどずれない位です)

お手入れ方法


表面は防水加工されているし
耐久性も高いみたい。

日常では掃除機をガーッとかけたり、
拭き掃除したりと、メンテナンスも簡単です。


あ!
水回りに使っているので
時々 剥がして乾燥させる事もあります↓

スッキリした洗面所に

お掃除中。。。


マンション洗面所をおしゃれに

完了して、またクッションシートを戻す時は
「やっぱり、こっちの方が断然良い~」って思える瞬間です
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。