FC2ブログ

葉色BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベランダ「素敵化計画」はじめます♪

先日の「楽天スーパーセール」
みなさんは、何かお買い物されましたか?

私は…ずーっとずっと憧れていたモノを
買う決心をしました!

entry_img_144.jpg

段ボール4ケース分の荷物。

中身は
テラコッタのタイル

ベランダ用のジョイントタイルです。

テラコッタの質感がホンモノ!!
こちら一枚一枚がズッシリとした重量感があります。
まずは、お試しという事で合計40枚を購入しました。
(オフホワイトを3セット30枚+ベージュブラウン10枚)

①ベランダジョイントタイルを選ぼう!


パネルの種類は2色のカラースタイル(9分割・4分割・1枚)の品揃えがあります。

文字で説明するよりも、
実際に目で見る方が断然分かりやすいので
サイトの写真を載せてみますね。

楽天ベランダタイル

私の場合は


★1枚タイプ★ 【Aオフホワイト】
メインとして使うつもりで購入しました。
約30センチ角と大きなタイルは、高級感があってゴージャスな雰囲気です。

★4枚タイプ★ 【Bテラコッタ】
アクセントとして選んでみました。
小さな2列×2列のタイルは、カジュアルで可愛いらしい印象。
十字の切れ目が入っているタイルは、水捌けも良さそうで期待しています。

色と組み合わせは自由にできます


この他のパターンも
異なる色や形を自由に組み合わて、
好みの模様にアレンジできるのが嬉しいですね♪

単色で使用するのも、統一感があって素敵だと思います!

②床にテラコッタのタイルを敷こう


自分で手軽に設置・取り外し可能なジョイント式のパネルで
ベランダのイメージアップを目指します。

↓ ↓ ↓ 


【After】

ベランダにジョイントタイル

ベランダが見違えるほど明るく、広々とした感じになりました!
設置も、底面に付いているジョイントをはめ込んでいくだけで、簡単にできました(^◇^)

水平線双葉

きっとベランダ全面に敷いた方が見栄えが良いはず!
なんですが―。
お掃除(メンテナンス)や、使い心地などがまだ分からないので、
しばらくはこのまま様子見としますヾ(´ε`;)ゝ


また日々の節約&貯金をがんばりながら
タイルを追加するかどうか、再検討したいと思っています。

余談:買おうと思ったのは…


冒頭にもチラッと「憧れていた」と書いたんですが、
実は、以前の住まいで暮らしていた頃から「いいなぁ~」って目星を付けてた商品なんです。

なんせ、当時のマンションが古っぽい造りで
ベランダの床は『ビニール防水加工された緑色!』だったんだんですよ。涙
もう昭和の香りがプンプン漂ってきそうなくらいのダサさ。

それでベランダの改造の構想?を
一人ウキウキと膨らませてはいたんですが、
結局は妄想だけに終わり、何もしないまま引越す事になりました。


さて、今のマンション。
今までと比べたら、かなりかなーり見た目が良くなりました。
だから、わざわざタイルを敷くなんて贅沢かなぁ~悩みまくり(-_-;)

しかしやっぱり床も無機質な灰色で
せっかくのリビングからの眺めも、なんだか殺風景に感じてしまうので。
増税前の楽天セール最終日に注文ボタンをポチっと押たーという訳でした(*´ω`*)



追々、メリット・デメリットなんかも
また書いていきますね(^^)/
関連記事
スポンサーサイト

3歳の息子が話してくれた【胎内】のこと

もしも他人から聞いたら
「エェー、嘘臭い」
「有り得ない」
「そんな話信じられない」
って想ってしまいそうな内容です。

だってまだ妊娠中の、お腹のなかにいた頃の話なんて!!

でも、ある日の夜
3歳の息子がお話してくれたことを、大真面目に書いてみます。

胎内記憶の体験談


3歳7か月。
いつもと同じ、普通の日常生活。

寝る直前のお布団で、突然話しはじめました。

「ママのお腹の中、気持ちよかったよ」



(えっ!?なに急に??
この子、なんだか変な事を喋りだしたよ。眠たいのかなぁ。
ちょっと面白そうだから、このまま調子を合わせて聞いてみよう~。)


――へぇ。どんな色だった?

「暗かった」
「この部屋よりも、もっとも~っと暗いの」




――そうなんだ。何が見えたのかな?

「真っ黒だから、なんにも見えない」
「電気がついたら よかったなー」




――あぁ、暗いんだね。じゃあ○○くんは、どんなふうだったの?

「えーっと。足が短かった」
「こんくらい」

と、ひざの辺りを指で示して

――えッ、そうなの。それで、何をしてたの?

「ママの、お腹の壁を、足でこうやって」

「踵(かかと)でピタッとしたんだよ」
「お腹の中の壁なんだよ。」


(妙にリアルでちょっとたじろぐ私)


――壁があるんだね。それから?

「へその。

と言ったきり、言葉につまる。

「へそを。うーん?」




「へそみたいな。なんだけど、これとはちょっと違う感じ」


しばらく考え込む。
そして、自信満々に

「へそから、良い体をつくってた!」

なんですとー(@ ̄□ ̄@;)!!
予想を遥かに超える回答にクラクラと軽い眩暈。衝撃です。

(これって臍の緒の説明してるの??
そういうお話しは、まだ子供にした事ないし。知らないはずなんだけど。

とにかく『へそ』にこだわっていました。

この子、ひょっとしたら本当に覚えているのかもしれない)

――あとは?

「お尻を…たてる練習」

(お尻で立ち上がる?どういう事??)


「だからー!!」

頭にあるイメージを伝えるために
知っている単語から最適な言葉を選ぶような素振り。

「お尻をたてんといかんの!」


(…話の展開についていけずチンプンカンプン)


ここで、母子の会話が全くかみ合わなくなり終了。
翌日の朝に再度質問してみたら、全然覚えていない様子でポカンとしてました。

(なーんだ。やっぱりテキトウなストーリーだったのね。
もしかしたら…って期待しちゃったよ)

この時は、そんな気持ちでした。
しかし

【後日】

子供が伝えたかったことは
『縦にする』って意味だったのかもしれない。
「たてる」を「立てる」だとばかり解釈していた私。

ふと、そう感じました。

お尻を縦にするっていうのは
『上側に持ち上げる』イメージなのかなあ


!!!!!!!!


そうだ!!
この子、逆子だったんだ!!!

妊娠中に自然と頭位が正常にもどったので、
逆子だった事実は母親である私自身もすっかり忘れていたこと。




この瞬間、鳥肌がゾゾゾ。



出産以降は誰にも言ってないし
絶対に知らないハズ・・・。


だから、今は信じてます。

entry_img_143.jpg
出産直前。実家にて。



どうして、いきなり語りはじめたのか??
謎ばかりですが。。。

子供が言ってくれた、この一言。

「お腹のなかは、守られてる感じだった」

胸がキューンとなりました。
あたたか~い気持ちが込み上げきて、もう嬉しくって嬉しくって。


幸せいっぱい、
じーんと心が満たされました。

オレンジの花ライン

子供の様子が普段の喋り方とは異なり、
たどたどしく、もどかしそうにゆっくりと話す姿が非常に印象的でした。

まさか、これほど具体的な話を聞けるなんて・・・驚いてます。

赤ちゃんの記憶って一体いつからあるんでしょうか。
ほんとうに不思議です。


関連記事

冬の寒さに一番強かった植物は…

今年の冬は、日本各地で大雪が降りましたね。
寒波に幾度も見舞われ、
とても長く厳しい冬でした。


そんな寒さも、なんのその!
冬の大将軍が大暴れしても動じなかった植物が↓

entry_img_142.jpg

ピンピンしてます。
気温に関係なく常に新芽を出し続けていて、凄まじい勢いです。


大抵の植物が
低温期には休眠したり、ジッと耐えて寒さを遣り過ごすものなのですがねぇ。


保守にまわる植物たちを尻目に元気ハツラツ!

冬の間も、先端部に新しい葉をバンバンつけて―
室内で管理していたのも功を奏したのでしょうか。
冬だというのに10~15センチくらい伸びたと思います。

新芽続々

シマトネリコ、最強です!!

強健といわれるアイビーよりも、数段にも増すパワー。
シマトネリコがこんなに強かったなんて!
(※戸外だと半落葉するケースもあるようですね)



樹全体の高さに対して、鉢が小さめなのが気になってます。
そろそろ、植え替えをしようかと検討中。

関連記事

次々にプラレールを欲しがるので、紙とクーピーで工作してみた

男の子はみんな誰しもが一度は、
電車か自動車のどちらかに熱中する時期があるらしいですね。

うちは「電車派」みたいで
E5系新幹線はやぶさに興味を持ったのがキッカケでした。

電車グッズ大好き。
もちろん、プラレールも。

「次は○○がほしい」
「□□も集めたいな」
毎日毎日こんな調子。
朝から寝る直前まで、ずーっと主張が続く日もあります。


そうだよね。電車大好きなんだもんねぇ。
でも現実は、そう頻繁に買い与える訳にはいきません。
(誕生日とかクリスマスのプレゼントにして~)

―とは言っても
夢中になれるって素晴らしいこと。
カッコイイ電車がいっぱいあるから
「コレクションしたい」っていう気持ちも、わからなくもないし。

ただ我慢させるだけじゃなくって
子供の純粋な想いを親として応援してやりたい。

そこでプラレールのカバーを工作してみました。

かぶせると…

プラレール カバー

たちまち変身!!

プラレール 工作

2つも作成しました。
子供もクレヨンで塗ったり、糊でくっつけたり…
一緒に楽しめました。


プラレール

握りしめたまま、片時も離しません。
すっかり御気に召した様子で。

何日も飽きずにニコニコ(ニヤニヤ!?)遊んでくれてます。

まさかこんなに喜んでくれるとは!
これは予想外の好反応です(≧▽≦)

なんだか、既製品のおもちゃよりも食い付いているような。。。

ペラペラなコピー用紙じゃなくって、厚紙で作ってあげたら良かった。


参考にしたのは


プラレールの本。
entry_img_141.jpg

こちらの巻末についていた型紙のページをコピーして使いました。
ハサミで切って、太線で折って組み立てるだけなので簡単にできました。

正面の電車の顔部分は空白になってます。
窓枠の位置もライトの数も、自分で決められますね。

あまりに真っ白で何の補助線もないので、私はちょっと躊躇しましたが(^^;
子供が工作するときには、このくらい自由な方が伸び伸びとできていいのかも。

プラレール 165系

リクエストされた“165系急行電車”をお手本に。
この橙色と緑の車体と、レトロなデザインがいいんだって。

息子よ。3歳にしては…渋い趣味してるよね。

水平線雲


一緒に工作をしてからは
あんなに「ほしいよ。買って~」攻撃だったのが
嘘だったかのようにピタリと止みました!


子供なりに、何かを感じ取ってくれたのかなぁ~。

今回の経験は親の私にとっても、勉強になりました。
おもちゃはお金で買うだけじゃないんですね。

関連記事

木のバスケットで甘さを添えて

可愛らしい木製のカゴを見つけました♪

entry_img_140.jpg

持ち手は可動式です。

目隠しの布は、2つ折りにしたランチョンマット。
リボンや小花のガーリーな柄にしてみました(*´∀`*)
落ち着いた色合いに、ミントブルーの刺し色がキュート

中身は・・・

バスケット キッチン

パンとフルーツ、時々お菓子を隠してたりも

食パンがピッタリおさまる深さ。
バナナも房ごと、リンゴもゴロゴロ入る

ゆったりサイズが嬉しいです。

木のバスケット

電子レンジ横の空間に。


このバスケットならキッチン以外にも
ランドリーに置いたり、玄関で「スリッパ入れ」にしても似合いそう。

優しいナチュラル素材は
視界にチラリと入るたびに気分もホッコリ和みます。

乙女な雑貨たちに、もうすっかりメロメロです(*^ー^*)
関連記事

ウンベラータの樹形

ウンベラータって
いろんな樹形の鉢植えがありますよね。

幹がクネクネっとカーブしているウンベラータや
全体的に太くて、力強い表情だったり。
それぞれに魅力があって、どれも素敵です

私は…どちらかと言うと
ナチュラルで自然の林みたいな雰囲気のものに心惹かれます(*^▽^*)

ウンベラータをY字形に仕立てる


小さな小さなウンベラータからのスタートだったので
幹がY字になるように意識してみました。

entry_img_98.jpg

手のひらサイズから育ててきました。
購入したばかりの頃の写真⇒ウンベラータ育ててます

まずは、ひたすら上へ上へ


最初は1本の枝を真っ直ぐ上に伸ばす事に専念しました。
「主幹を育てる」と言ったら良いのでしょうか。

ある程度の高さが出るまで
ひたすら真っ直ぐ上に伸ばしました。

この状態は
一本幹で葉数も少なく寂しいですが、我慢ガマン。

枝を切ると、すぐ下から分岐する


70センチ位の樹高まで育ち
幹も太ってきたところで、
一番テッペンの先端の茎をカットしました。

そうすると切った箇所のすぐ下辺りから
新しく脇芽が出始めます。

この時に、複数の芽が吹いたんですが…
残す枝を厳選して、他は切り落としてみました。

水平線a

今日のウンベラータさん。

ウンベラータ テレビ

ここまでは、割とイメージ通りにできたと思う

そして。
こっからどうするか!?

理想は…
もっともっと高く、天井に届きそうなくらいの樹高に!
―と同時に、枝を分岐させながら育てて、一本で見応えのあるウンベラータ!!

大物に育つまでに、何年かかるかな~。
毎年の変化を楽しみながら、ゆっくりやっていくつもりです
関連記事

ベランダは大掃除から

LDKに面している
メインのベランダを初公開します。

entry_img_138.jpg

突き当りの壁と、手すりの下部分がコンクリートです。

こういうコンクリートに囲まれたベランダって
風通しや日当たりは どうなんだろう。。。
(マンションを買うとき、フェンスの形状にまで頭が回ってなかった私

ベランダの掃除しました


ベランダの床や壁が結構汚れている事に気が付いて
大掃除をしてみました。

まずは掃き掃除からスタート。

ベランダ掃き掃除

大まかなゴミを取り除く。
ここまでは楽勝ね。

そして、水拭き!

ベランダ拭き掃除

使い古したタオルを
固く絞って床全体を拭いていくと―
たちまち雑巾が真っ黒に!!


床の水拭きって大変だし
「まだ寒いから」
「落ち着いたら取り掛かろう」って後回してたんですが…

気合を入れてお掃除がんばってみました。

水平線b

あ!それから
嬉しい事が1つあります


反対サイド
何も無いベランダ

入居してから気が付いたんですが
両端がどちらもコンクリートの壁!

しかも隣のベランダとは位置が少しずらしてあり、
ぴったり隣り合わせではないので
気配も全然伝わってきません。

境界壁がどんなタイプか意識したことがなかった~

規約上では共用部分
とはいえ、プライベート感が高い空間に大満足です。

関連記事

待望の1枚

脇から子イモちゃんが。

entry_img_137.jpg


ようやく「丸坊主クワズイモ」を卒業できました
関連記事

転倒クラッシュ

大事件です。

モンステラの苗を置いている棚が

鉢が倒れた

倒れた!!!!!


「うぎゃーっ!」
「土がこぼれたぁぁぁ」

「モンスがグチャグチャになってる」
「根っこも飛び出てるし」
「あぁ~、茎も折れてるよ」


「カーペットも泥汚れでダメだな」
「えーっと、まずはホウキとチリトリ」
「あと掃除機で吸い込んで」
「このカーペット水洗いしないと」

「やることいっぱいだ」


「・・・・・・(絶句)」

ボー然。
何から手を付ければ良いのか?それすら判断できない。

そんな現実逃避をしたくなる光景。

entry_img_136.jpg
(写真撮影でショックを紛らわせよう!作戦)

3歳児がはしゃいでバランスを崩し、この棚に突撃したんです。
幸いにも、体当たりした本人は無傷でした。


ぶつかったのは一瞬の出来事。
子供自身もビックリした事だと思います。

私は―というと
かわいいモンステラたちの悲惨な姿に、気分はブルー。
余計な仕事が増えたモヤモヤ。

でもでも、悪気があって衝突したんじゃないから
子供を叱るわけにもいかないし、ねぇ。

この時は ちょうど休日の昼間だったので、
後片付けに集中できるように
主人に子供を散歩に連れ出してもらいました。


根っこがむき出しになってしまったモンステラは
急遽、新しい鉢に植え替え。

それから一気に掃除!掃除!
■慌てて復旧作業をやったので
モンステラたちの様子は、また今度詳しく書きたいと思います。


最後に。
家に帰ってきてすぐに
『ママ、ごめんね』と駆け寄ってくれた息子。
相手を思いやる気持ち、ちゃんと芽生えているんだね。
優しい子に成長した姿に胸がキュンとしました。


いろんな感情が入り混じった1日でした。

関連記事

葉っぱの新旧交代

ストレリチア・ニコライ(オーガスタ)
一番端の葉が、黄ばんで枯れてきました。


春から初夏にかけて新しい若葉が伸びるのに伴って、
古い葉が下になって落ちていくんですが…

オーガスタの葉は
新旧入れ替わりのサイクルがゆっくりです。

entry_img_81.jpg

これは多分、2年くらい前の葉っぱかな。
外側の葉から順に変色するのが『自然な代謝』の合図です。


オーガスタの葉が黄色

ハサミを入れるときは、
いつも厳かな気持ちで植物と向き合います。


「お疲れ様。美しい緑を、ありがとう」
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。