葉色BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今まで住んでたところ

直前に住んでたマンション。

築20年超えの古い賃貸なのに
私とは相性がよかったのか、居心地がよくて大好きでした。

entry_img_125.jpg

写真右奥にチラリと写ってるのが、キッチン。
昔ながらの壁に向かって立つタイプで
『まな板1枚置くのが精一杯』な作業台には
毎日苦労してました。
シンクもほんと狭かったんです。涙


窓際の方をリビングとして使っていて
3人掛けのソファをデーンと置いてます。
ここら辺でくつろいだり、子供が遊びまわったりしてます。

ここで目に付くのはド派手なカーペット(^^;
買った時には「かわいい~」と思ったのになぁ。
実際にうちに敷いたら、インテリアとチグハグだったかも(=_=)


それから反対側。

写真6

こちらに置いてあるのは
まずソファーの直線上にテレビ。
本棚、おもちゃ用カラーボックス。

ジャングルジムと、その真横が夫の書斎スペース。
左奥は和室の出入口になっております。


床の中央にレールが走ってるのは
もともと襖で2つの部屋に区切られていたからです。

しかし!!
ここは、あえてOPENに☆
引き戸4枚分の仕切りを完全に取り払い、
2部屋をつなげて横長リビング風に使っていました。

以前の窓側

この使い方のおかげで
狭い賃貸マンションながらもLDKの空間は広々。

我が家にいらっしゃったお客さんからも、
「へぇ~、こういう家具の配置もアリだね」と驚かれ
好評をいただけました(^^)v


子供がまだ幼いときには、
部屋の仕切りが少ない方が
どこにいても目が行き届くので安心できますし、ね。


さて和室。

和室

奥まった位置で、窓からの距離も遠いんですが
やや南西向きのマンションだったおかげで
冬には午後から太陽が差し込んできて、気持ちよく過ごせます。

部屋数はこれだけです。
(あとはもうお風呂やトイレだけ)
なので夜には、この和室にお布団で就寝。

住んでいた時にはちっとも気にならなかったけれど
こうして見ると、かなり狭め!?
家族の荷物も極力減らして
スッキリ暮らせるようにカナリ意識してました。

だけど、
いつも家族の気配が感じられて
幼い子供の育児中には最適な間取りだった!
と今でも思っています(^◇^)

私自身もリラックスして過ごせたし、
子供との楽しい思い出もいっぱい。
結婚してからの家では
なにげに一番のお気に入りだったなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

新居は60平米2LDK

おかげさまで無事に引越が終わりました。
新生活に慣れ、落ち着いてきたので、住まいをご紹介します。

『いつかは手に入れたい』―そう思ってたマイホーム。

「夫婦+子供1人」の3人暮らしの私たちが選んだのは
60平米2LDK築浅の中古分譲マンションです。



リビングダイニング
リビングダイニング

LDKは横長タイプ。
60平米なだけあって奥行は狭めです。

キッチン側から
entry_img_124.jpg

広々としたシステムキッチンの使いやすさに感動
今までは“まな板を置くだけで作業スペースがいっぱいになってしまう”台所だったので(^^;


キッチン

トップが大理石調なのも嬉しい
このままキレイを維持して使いたいですね。

新居

北と東側にも窓があります。
分譲マンションで2LDKという間取りなのに角部屋って珍しくないですか??

3方向に窓もベランダもついているおかげで、全部の部屋が明るい。
圧迫感も軽減されて、実際より広くて開放的に感じられそうです。

ボタンと刺繍のライン


広~い豪邸にも憧れるけれど。
私たちにはコンパクトな方が、きっと合っている。

なにより「いつでも互いの気配がわかる」距離感が、
寂しがり屋の私にちょうどいい。

ここで。これから。
新たなスタート。

早くも異変が・・・

12月から夫が育てている三河黒松。
しばらくは主人のデスクの上に置いてありました。

それがいつの間にやら
ベランダの片隅に追いやられているではありませんか。

entry_img_117.jpg

どうやらベランダが定位置になった模様。

『松だから、日当たりが良い環境が適している』と
夫なりに判断したのかなぁ。


・・・でも、あれれ?
なんだか変な違和感。やけに株元が白っぽい?

苔が消えた

ギャー
苔が消えちゃったー!!


【Before】
家に来たばかりの頃は
こんなに青々としていたのに↓

盆栽

主人のデスクという“特等席”に飾られていたクロマツは、
それはそれは誇らしげに輝いて見たものです。

悲しいかな。
夫=植物界のデビルハンドと認定が降される日も
そう遠い未来ではなさそう…(¬_¬)


黒松ちゃん!負けないで~!!

もしも万が一、枯れそうになってしまったら、
その時は私が助け出してあげるからね。

パンジーの花ライン

おかげさまで、無事 引越が完了しました。
荷解きや家具の配置をアレコレ考えたりしながら、少しずつ生活を整えています(^^♪

まだ洗濯機の排水がつながらなくって、
コインランドリー通いなのも普段と違って貴重な体験です。
自宅で洗濯できるのって便利なんだなぁ~しみじみ

幸い
環境の変化によるストレスもなく、家族みんな元気です。

ブログを更新できない間も
読みにきてくださった方、ブログランキングのバナーをクリックしてくださった方、
ほんとうにありがとうございます!

また気持ち新たに頑張ります。
よろしくお願いします♪

■クロマツの関連記事■
なんだ~これ( ゚Д゚)!?2014.05.06
関連記事

軟腐病クワズイモの処置方法

育てているクワズイモが軟腐病にかかってしまいました。
原因や症状・実際に行った対策などを私なりにまとめてみます。

軟腐病とは?


細菌が原因で伝染します。

文字通り『腐って柔らかくなる病気』で
幹の部分が黒っぽくなったり、空洞化したり。
手で触れるとヨブヨと柔らかい感じになったりします。

幹に縦スジができるのも「要注意」サインのようです。

軟腐病の症状


クワズイモを掘り起こしてみました。

クワズイモ軟腐病の処置

イモの根っこに近い側が腐ってしまい、黒く変色。
真ん中付近の幹も軟腐病の影響でスカスカになり、くびれています。

軟腐病の処置


クワズイモは健全な所まで切り戻せば再生できるとのこと。

切れ味の良いカッターナイフを使いエイヤーっと切断。

entry_img_106.jpg

(偶然、手に取った新聞紙にも『ひるまず』の文字が)

菌が残らないように、腐ってしまった部位よりも上で切るのがポイント。
断面が真っ白でキレイな円形なら、大丈夫なようです。

切り口を乾燥させる


風通しのよい日陰で乾かします。
切ったクワズイモを、そのまま転がして待つだけです。

軟腐病クワズイモ断面

みずみずしかった切り口が乾いて乳白色になってきました。
ここまで1週間ほどかかったかな。

軟腐病クワズイモ乾かす

横からみると、乾燥して凹んでいます。
(クワズイモ、残った部分がこんなに短くなっちゃった!!)

しっかり乾かさないと再発の危険もあるようなので、要注意。

新しい用土に挿す


今まで使っていた土は病原菌があるので、必ず処分します。
鉢もよく洗って乾燥させるか、新しいものを用意すると良いでしょう。

新しい清潔な土。
今回は排水性を高めるために、粒が荒い「赤玉土」を使ってみます。

赤玉土

鉢底半分程度に赤玉土を敷き詰め、
その上から観葉植物用の土を足してみました。

植え替え後。

クワズイモ植え替え

充分に乾燥させたので、新しい土に挿して
たっぷり水遣りをしました。

※次回の水遣りは、根腐れをおこさないように
間隔を長めにあけることを意識しました。

クワズイモが新しい根を伸ばして、
うまく根付いてくれれば復活するはずです。

【その後】
うちのクワズイモ、
“亀の歩み”よりも遥かにゆっく~りなスローペースですが…
回復に向かっています(^^)

クワズ回復?

関連記事

マンションを引越します!

もうすぐ転居することになりました。

entry_img_123.jpg

現在住んでいるマンションに
引越用の段ボールが届き、荷造りの準備を進めています。

主人の仕事の都合で
結婚してからというもの「ほぼ2年に1度は引越」をしてきたんじゃないかな。

今まで 西へ東へと、転住を繰り返してきたからこそ
なるべくモノは少なく‼
『シンプルな暮らし』を心掛けています。
(だって荷物の量と引越の金額&整理する大変さが正比例するんだもん

◇◆◇
大好きな観葉植物も、数を増やし過ぎないように意識しているんですよ(`・ω・´)

自分で、ヘンテコな『マイルール』を作っていて
観葉植物はトータルで10種類以内って決めています。
それ以上は、欲しくても買わない・集めない。
(10鉢ではないところがキーポイントw)

こうやってコレクションしたい気持ちをグッと抑えながら、趣味を満喫しています。
だから今育てている植物たちは、私にとって“厳選されたメンバー”!?


それにしても
育児しながらの引越準備ってこんなに大変なんですね。
片付けをしているハズが、逆に散らかっているような・・・。
梱包作業が一向に進まないわ。

今住んでるマンションの退去まで、あと1週間。
関連記事

愛知県豊橋市の大型園芸店『ガーデンガーデン』

広大な敷地に、品揃えも豊富な
大型ガーデニング専門店「ガーデンガーデン」に行ってきました。

entry_img_122.jpg

メインの出入口。
トレードマークの“GARDEN”緑色の看板が出迎えてくれます。

豊橋の駅や市街地から遠く離れているので、車で向かいます。
駐車場は無料で250台分あります。

一年中どのシーズンに訪れても、
いつも花苗が充実しているのがとっても印象的な園芸ショップです。

ガーデニング用品・エクステリア資材が何でも揃います


アメリカのガーデンセンターに魅了されたオーナーさんが始められたそうです。
こちら『ガーデンガーデン』の敷地面積は4,000坪
なんと!!一般的なスーパーやホームセンターなら丸ごと一軒おさまってしまう広さ!
元はゴルフ場だったそうですよ。

取扱いは
  • 園芸用の土や肥料は各種
  • 花苗(オリジナルもあるらしい!?)
  • 観葉植物、サボテン・多肉植物
  • 盆栽・苔
  • 樹木(オリーブから松・南国風なのものまで大小様々)
  • たわわに実る美味しそうな果樹
  • 色とりどりの美しいバラの苗
  • 可愛らしいガーデニング雑貨
  • おしゃれな鉢
  • 野菜の苗
  • いろんな植物の種
  • 切り花
などなど。
ラインナップを聞くだけだと普通そう?
いえいえ、規模が違うんです!


さっそく店内をみていきましょう♪
ジャーン

豊橋市ガーデンガーデン

入ってすぐの場所。
まず最初に目に飛び込んでくるのは
ブロック、レンガなどのエクステリア資材や園芸用の土。

見映えよく
入口付近には綺麗な花苗を並べてお迎えしたい
…んだけれど
敢えて重くて持ち運びにくい商品を陳列する
という“お客様目線”が嬉しいです。
敷地が広いお店ならではの粋な気遣いですよね。
この写真の反対側にはレジがあって、お会計もスムーズに出来るんですよ。

さぁ、もう少し店内奥に歩みを進めましょう。
睡蓮鉢のコーナーです。

愛知県の大型園芸店

両手でも抱えきれない大鉢がズラリと勢ぞろい!
こんなにあるんですよ~。迫力のスケールです。

そして写真向こう側に見える三角形の屋根は大温室。
観葉植物などがある温室は天上が高く、広々として開放的です。
ちょうど年末年始でしたので、贈答用の胡蝶蘭がたくさんありました。

大型園芸店ガーデンガーデン

それから秋植え球根のコーナもありました。
季節によって特集や、バラ苗の講習などイベントが開かれたりもするようです。

わりと頻繁に配置換えをされているので、
いつ行っても新鮮な気持ちで店内をまわれます。
私はいつも3周くらいグルグルまわります!(^^)!

実は私、ケータイを家に忘れて出発してしまい…
現地でカメラがないことが発覚←ドジ(=_=)
今回、夫のiPhoneを拝借しての撮影となりました。

なので、写真の枚数が少なめです。

もっともっと、ガーデンガーデンの素敵な雰囲気をお伝えしたかった~!!

ボタンと刺繍のライン

たまに店内の片隅から掘り出し物を発見したり、
店員さんの手書きPOPを楽しんだりとワクワクできる園芸店です。
何も買う予定がない日にも、
ウインドウショッピングの感覚でついつい寄りたくなるお店です。

 ガーデンガーデンの詳しい情報


ガーデンガーデンのHP:Garden Garden
豊橋本店
〒441-3147
愛知県豊橋市大岩町字境目35-8
TEL.0532-41-8787 FAX.0532-41-8788
営業時間:9:00~18:00(年内無休) 駐車場:250台
関連記事

2014年モンステラ

明けましておめでとうございます

新しい年がスタートしました。
みなさん、どんなお正月をお過ごしでしょうか。

ゆっくりと休養できましたか?
年末年始もお仕事という方、ほんとうにお疲れ様です。

みなさまにとって素晴らしい1年になりますように。

さて2014年最初の記事は、モンステラ!!
若々しくフレッシュな苗たちの話題から行きましょう♪

モンス苗アップ20140104

種まきから275日目。

冬の寒さもなんのその。
ペースは落ちたものの、まだまだ新芽も展開させています。
開いたばかりの葉はツヤツヤと光沢がある黄緑色です。

この頃、モンステラたちは
1枚1枚の葉が肉厚になってきました。

発芽したばかりは薄くてペラペラだった葉でしたが、
当時と比べてだんだん厚みが増してきて、嬉しいです

あ、でもでも

entry_img_121.jpg

↓↓こうやって支えてないと…

モンステラ苗広がる

わっさ~っと広がっちゃう。
以前は自立してたのになぁ~。

モンステラ苗20140104

それからモンステラの茎の丈が全体的に上に伸びてきて、
用意した冬越し段ボールからはみ出る部分も長くなったような!?

今現在、モンステラは23鉢。
どの苗も元気で順調です。

コマと破魔弓のライン

年末年始もブログを読みに来てくださっていた方、ありがとうございます。
また更新していきます!

本年もどうぞよろしくお願いします。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。