FC2ブログ

葉色BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観葉植物のホコリを一掃しよう

観葉植物の葉につくホコリ、気になりますよね。
植物自体が呼吸してるから汚れも付着しやすいんでしょうね。

年末の大掃除シーズンに便乗して、
今回は観葉植物の葉をキレイにする方法について書いてみます。

entry_img_105.jpg

もし暖かい季節でしたら
ベランダなどに植物を移動させて、
丁寧にシャワーをかけたり
雨水にあてると
葉っぱに付いた汚れをリフレッシュさせることができるのですが・・・

今は冬。
冷たい水をかける訳にはいかないので、
観葉植物の葉を1枚ずつ拭き取ります。

水で湿らせた布で拭くお手入れ


単純なやり方ですが効果的です。

いろいろ試してみた結果、
何といっても『水拭き』が一番キレイになるように感じます。
やっぱり掃除した後のサッパリ感も断然違う気がするし。

それに1枚1枚の葉を丁寧に拭いていくのは
寒さで弱っている植物にも、
ダメージを抑えられる優しい方法だと思います。

他には


水拭き以外では
【乾拭き】
軍手をはめて葉っぱをササっと撫でるとラクにできますよ。

【便利グッズ】
植物の汚れを落とす専用の
リーフブラシという商品もあるそうです。

観葉植物を拭いてみよう


柔らかいタイプの葉は、
葉脈にそって優しく拭きましょう。

観葉植物の汚れ
↑オーガスタ

片手を添えて軽~く拭き上げるのがコツです。

分厚くて破れにくい葉なら
多少ゴシゴシ擦ってもOK。

モンステラの葉の掃除
↑モンステラ

それぞれの植物に合わせて、力加減を調節してみてくださいね。



二度拭きすると
葉のツヤも見違えますよ。

オーガスタの葉ピカピカ

↑ストレリチア・ニコライ(オーガスタ)

①最初は簡単に、湿らせたキッチンペーパーで表面を大まかにザッと
②二回目はコットンを濡らして、全体の汚れをしっかり落とす


観葉植物のホコリ

それにしても、この使用済みコットンの黒さといったら…。
ワァー((((;゜Д゜)))ヒカナイデ~
もっと小まめに、汚れる前に定期的に掃除しなきゃですね

葉の裏面も


もし余裕があれば
葉の裏側も拭くのも忘れずに。
葉ダニなど害虫の防止にもなりますよ。

 余談:ビールで掃除すると、ピカピカに!?

ここでちょっと、お婆ちゃんの知恵袋的なお話を。
飲み残しのビールをキッチンペーパーなどに浸したもので拭くと、
葉のベタつきがとれて一気にキレイになる、と聞き
実際にやってみた事があります。


効果は・・・抜群でした!!

えっ…!?怪しいですか?
いやいや、ほんとに艶ピカになるんですよ。
おもしろいですよね~。

ビールのどんな成分が有効なんだろう??
と、気になって調べたんですが―
調べて調べても全然確認ができませんでした

もし興味を持った方は、葉の端から試してみてくださいね。
(私がやってみた限りでは
植物の調子が悪くなったり枯れたりするような事はありませんでしたが)


水平線双葉

手間がかかるのがちょっと面倒ですが、
葉っぱの掃除をやり終わると
観葉植物が一層イキイキと見えるようになりました。


これで完璧。
新年を気持ちよく迎える準備ができました!

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
みなさまも、よいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

起死回生

軟腐病を患い、弱っていたクワズイモ
なんとか崖っぷちな状態からは脱出できたようです。

葉も茎もすべて枯れて、茶色いイモの塊だけだったのが
なんと中心部から茎が出てきました!

entry_img_119.jpg

ヤッター

淡い黄緑色の新しい芽。
上に向かって、じんわりと背を伸ばしています。


はじめの一歩だぁ

まだまだ万全とは言えませんが、
どうやら危機は乗り越えられたみたいでホッとひと安心。

↓根っこも回復しています。

クワズイモ起死回生

白くて細い根を数本確認できました。
浅植えになっているから、もう少し土を足して盛ってあげようかな。

今、意識しているのは「多めの水遣りを、メリハリつけて」ということ。
あと土のブレンドにも気をつけてみました。
排水性を改善するための荒い赤玉土を、底にたっぷり入れてあります。

愛情をかけながらアレコレと試行錯誤していますが
クワズイモが応えてくれて、やっとうまく付き合うコツが解ってきた感じ!?

クワズイモの完全復活まで、もうちょい。
ガンバルゾー

100記事達成できました


今回でちょうど『ブログ100記事』

観葉植物をメインのテーマとして書いてきましたが、
ここまで漕ぎ付くことができたのは、今まで読みに来て下さったみなさん方のおかげです!

特に、リピーターの方々の存在がとっても大きく(12月はリピート率48.0%)
また訪問してくれる人が大勢いてくれたからこそ続けられました。

だから…「ありがとう」の気持ちを、ここで伝えさせてください

よくお越し下さっている方へ、読みに来て下さってありがとうございます!

拍手ボタンを押してくださった方へ、あなたの温かい拍手に励まれています。
いつも「お礼を言いたいなぁ」と思っていました。

ブログランキングの投票バナーをクリックしてくださった方へ、
ブログ更新の原動力になっています。ありがとうございます!!

それから!そっと優しく見守ってくださっているアナタも
ありがとうございます。ほんとうに感謝してます。

パンジーの花ライン

もっともっと内容を濃ゆく&読者さんが読みやすいブログを目指したいな。
もし、何かご意見・感想・ご指摘などありましたら
お気軽にコメントやメールフォームから声をお寄せくださいね。

これからも、当ブログをどうぞよろしくお願いします。
関連記事

ダイソーの園芸ポット

100円ショップ・ダイソーの
園芸コーナーで見つけた黒ポリポット。


商品番号:397
entry_img_83.jpg

ポリポット【大】 (直径9センチ=3号)50個セット

こういうビニールポットって、買うの初めてでした。
『仮植え』として使うイメージが強かったから、鉢の選択肢として思い浮かばなかった。


とことが、種から育てているモンステラ用として
大量の鉢が必要になり、いくつかの候補の中からポリポットを選びました。

種モンス初植え替え2
↑モンステラ苗を植え替え中の様子。

この時、30個前後の鉢が必要だったんです。
でもなるべく値段は抑えたい。

アチコチから情報を探し求めて、ようやく納得できるものに出会えました。

使い心地は?


最初は「値段」につられました。
だって1鉢あたり2円なんだもん

でもこのダイソーポリポットの良いところは安さだけではなかった!
実際に使用してみての感想を書きます。

①ちょうどいいロット


この50個セットっていう単位がジャスト。

ホームセンターで売っているのは100個セット!多過ぎでした。
そんなに沢山は必要なさそうだし、余った分をゴミとして捨ててしまうのも忍びないし。

だから、ダイソーのは多過ぎず少な過ぎずありがたいです。

②使いやすいサイズ


3号っていう手頃なサイズこちらも高ポイント

今回はモンステラの苗を植えるのがメインの目的でしたが、
他にも
  • ミニ観葉植物を植える
  • 種蒔きに
  • 株分けするとき
  • 挿し木の培養地として
  • 陶器鉢などの内鉢としてセットする
などなど。
汎用性に優れたポリポットは予想以上に活躍してくれそう

あとは、いつでも新しくて清潔な鉢のストックがある―というのも安心ですね。
実は今「軟腐病に罹ってしまったクワズイモ」の再生用の鉢に充てています。

③素材の柔らかさは、一長一短かな…


メリットもデメリットも両方感じました。

まず短所から。
ポリポットは薄くてペラペラな鉢です。
持ち上げたり移動させたりする時には安定感に欠けます。
植物の根が張って土が固まるまでは、取り扱いにくいかもしれません。

でも、薄くて柔軟性があるポリエチレン製だからこそ
陶器鉢などの内鉢としてセットするにはぴったりフィットするわけで…。

これは用途次第、ですかね

水平線a



購入してから約半年。
100円だけど、使用感も全く問題ありません。

それどころか、使っているうちにポリポットの魅力に気が付きました。
これはマルチに使える優秀なアイテムだったんですね。
関連記事

盆栽に生い茂る雑草

ツンツン頭の三河黒松。
葉の先端がチクチク尖っていて、
手で触れると痛いのがクロマツの特徴なんだって。

bonsai.jpg

夫が見つけてきた松。
うちでは「マツコ」っていう、そのまんまな愛称がつけられました

…の、株元アップ。
entry_img_116.jpg

カイワレダイコンみたいなモジャモジャがいっぱい
ちょっとアナタたち、威勢よく伸びすぎでしょΣ(・ω・ノ)ノ!

盆栽の鉢はギューギューに狭いから、
雑草に分け与えるスペースも栄養分もありませんからッ。残念!

マツコのためにも、
雑草の根が深く張ってしまう前に除去しなきゃ。

雑草抜き

もっさり。
せっせと抜いたら、こんなにたくさん収穫できました。

苔と松

ふぅスッキリしたー。
雑草がなくなったら、松の根の表情や苔がよく見えるようになったよ!

見違えるほどだわ自己満足。

ハッ!!
いかんいかん、つい手出しをしてしまった。
この松の担当は私じゃなくて夫だった。

肝心の夫はというと―
この一週間でやった松のお世話=買った翌日に水遣り1回。

まったくもう。
もっと土の乾き具合とか確かめようよ
(盆栽の松が枯れる原因は『水不足』な場合が多いらしいです)

ほかにも
松の幹に食い込んできてる針金も気になるし、
根が動きだす前にビニールポットから盆栽鉢に植え替えておきたい。

まだまだ、やりたいお手入れが山積みなんだからね(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

マツコの行く末や いかに。

■クロマツの関連記事■
早くも異変が・・・2014.1.24
関連記事

はじめてのカルタは「リラックマ」

繰り返し遊んでいるうちに、いつの間にか平仮名の読みをマスターできました。
(2010年6月生まれの男の子)

子供に対して
「今は、自分の名前が読めるくらいでいいかな~」程度の考えだったので
日常生活の中で、特別に平仮名の習得を意識していた訳でもなく。
まさに自然と覚えて吸収した感じです。

平仮名に接する機会といえば、絵本の読み聞かせと…
癒し系キャラ「リラックマ」のカルタ

entry_img_114.jpg

息子のお気に入りなのはもちろん、
ほのぼのとした可愛らしいイラストは母親の私も楽しめました。


関連記事

盆栽デビュー?

クロマツを買いました(夫が)

20代から盆栽に興味があったらしいです。
(そういえば『桜やカエデを育ててみたい』とか言ってたっけ。)

まだ2号のビニールポットのまま。
entry_img_115.jpg

「三河黒松」という品種。
愛知県三河地方のマツなんだそうです。

へぇ~地元の松なんだ(* ̄∇ ̄*)
松って、身近にたくさんある割に全然知らないや。


これ、どこが正面なんだろう??
盆栽の基本的な知識どころか、観賞する向きさえ解らない

三河黒松


夫曰く、
小さな樹にビッグな世界が詰まっているギャップが魅力なんだとか。

うんうん。
その気持ちはわかるよ。

でも…アナタちゃんと育てられる?
クワズイモ放置という前科があるからさ。三日坊主な結末だけは勘弁してよね。

いつの間にか管理担当が私になってそう…(/´△`\)
いやいや、今度こそ!大丈夫だよね?


一緒に盆栽のこと、調べながらやっていこっか


(クロマツ次回の記事⇒盆栽に生い茂る雑草2013.12.15)
関連記事

ウンベラータの気になるトコロ

12月になりました。
一時期、落葉が激しかったウンベラータは落ち着きを取り戻しています。

青々とした葉は10枚前後が残りました。
ウンベラータの緑色は、明るい雰囲気でいいですね。


ウンベラータ ダイニング

今はダイニングテーブルの近くに置いて、
この彩りを楽しんでいます。

やっぱりウンベラータ好き~。

それで今回のタイトル=気になるところ。
実は幹の一部がスカスカになっています。

entry_img_109.jpg

枝も葉もない部分です。
きっと栄養を送る必要がないからなのでしょうね。


上の角度から。
幹が気になる

幹の生きている部分は年々太くなるのに対して、
この箇所はやせ細る一方。
その境目がひび割れてしまって痛々しくもあります。

枯れてポロリと取れる気配もなく硬いままなんです。
ウンベラータ自身もチョット成長しにくそう!?


この秋~急激に萎びてきたので、気になっています。
(もしかしたら春に「取り木」で再生を試みるかもしれません。)

2011年のウンベラータ。
ウンベ2011年5月
ちっさ。懐かしい!(^^)!

挿し木(実生でない苗)を購入すると
こういった事もあるんですね。
関連記事

経過観察240日目

毎度おなじみ!?
我が家で発芽したモンステラたち。

段ボール斜め

発芽してから初めの冬。
夜中の低温から苗を守りたくて、こうして段ボールで養生させています。

もうひとつの目的は「エアコンの直風を防ぐ」ためです。
(冷暖房の風に直接あたると観葉植物がダメージを受けるようです)


ところが、
段ボールハウスに入れて数日後に異変が!


モンステラの下葉が黄色くなってしまいました。

entry_img_103.jpg

いくつもの苗が同時に変色したのは初めてで、
モンステラたちが入っている段ボールを覗き込んだ瞬間に、心臓がドキっと飛び出そうなほど動揺しちゃいました。

原因を考えてみよう


今どんな状態なのか、なぜそうなったのか―。

今回の場合なら、
株元まで光が届きにくかったかな?
通風が確保できなくて新鮮な空気が循環しにくかった?
冬になって気温が下がってきたことに反応したから?
それとも、もうこの葉っぱ自体の寿命だったかな?

―とにかくもう、色々なパターンを妄想しまくります(笑)

植物と付き合っていく上では
こうやって想像したり、調べたことを実際にやってみたりすることが大切だと思っています。

そうやって積み重ねた知識とか、失敗も含めた経験も
丸ごと全部が繋がって…自分なりの園芸スタイルや自信になっていくんじゃないかな、きっと。

ボタンと刺繍のライン

枯れているのは、下の葉だけ。
他の部分は全体的に元気でピンピンしています。
モンステラの苗自体は大丈夫そうです。
冷や汗を流しましたが、じっくりと観察してみたら大きな問題ではなさそうでした。

あぁ~焦った。

それから
こんなふうに変色した部分は、もう再生の見込みがありません。
残念だけれど傷む前にカットして取り除きました。

ベビモン黄色

もしこのまま葉が蒸れて腐ったりしたら、周りにカビなどの悪影響を及ぼす恐れもあります。
予め手を打っておけば、そんな大変な事態は避けられますからね。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。