FC2ブログ

葉色BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンステラ大集合!

種まきからはじめたモンステラ。デリシオーサたち。
今日で87日目のようです←ちょっと中途半端ですが-.-;)

モンステラ大集合!!
ということで、全部並べてみました!
entry_img_53.jpg
ジャーン。+゜*。30粒播いたモンステラたち♪

でも
容器がバラバラなんですよね(^^;;

今、一番左側の黒いポリポットに植え替えているんですが、少しずつしか進められていなくて。
あまり捗っていない現状。。。

左から
  • ポリポットに植え替え済み(9コ)
  • 育苗ポット使用(9コ)
  • 透明のプラスチックカップに植えてあるもの(たくさん!)

透明のカップに植えてあるものは、
もう根っこがグルグル巻きになってます。
透明カップの根
写真で白い根が見えますか?

早く植え替えをしてやりたい・・・
と思いながらも
なかなか取り掛かることができなかった!!

というのもー
先日、子供が3歳の誕生日を迎えて
、夫と私との両方の実家に寄ってきました。

年に数回しか行けないせいか「おじいちゃん・おばあちゃん」に会えて子供は大興奮だったなぁ。

私としては
一大イベント(?)が無事に終わり
母として嫁として ほっと胸をなでおろしています。

普段と違う事をしたのでバタバタしたけれど、とっても楽しく過ごせました(^-^)
そして今週こそはモンステラの植え替えをしたいです!
関連記事
スポンサーサイト

ファトスヘデラの植え替え

ファトスヘデラは3本を寄せ植えしてます。

斑入りの新芽、
鮮やかな緑と白のコントラストがキレイで好き。+゜*。

下の方の葉っぱは
色が濃く暗くなっちゃうみたいですね…。

ファトス植え替え前
この素焼き鉢は
コロンとした形だから、底が結構浅いんです。

あまり土が入らないから
なんだか窮屈そうで、植え替えすることにしました。

entry_img_52.jpg
植え替え中。
細い根がビッシリ張ってました。

バランスを確認しながら
奥側から植え込んでいきます。

ファトス植え替え完了
植え替え完了!
今度の鉢は『白い陶器』です。

うん。やっぱり白い鉢のが緑が映えるかも♪

素焼き鉢と比べて、高さが2倍くらいになりました。
これでまた根っこを伸ばせるね。


アイビーよりも乾燥や日当たりなどに強くて、
南西のベランダの環境に馴染んでくれてます(^-^)

とても丈夫で育てやすいですよ。

関連記事

か弱いモンスター

真っ白のモンステラ。
葉っぱもちろん、茎の部分も白いんです。
どこにも本来の緑色が見当たらない。

entry_img_51.jpg
たった1枚の小さな葉っぱ。
小さく丸まって、なんとも心細い姿。

▼横から
か弱いモンス1
葉先がちょっと傷んで茶色くなってきた(゜´Д`゜)

気がかりなのは「根っこが全然伸びてこない」こと。
多分、種にある栄養分でなんとか保っているんだと思う・・・。


同時期に種をまいた『緑一色モンステラたち』と差がついてきた。
か弱いモンス2
葉っぱの大きさも枚数も、根っこの調子も全然違う。

だけど、枯れないように必死に耐えているのかな~。

それにしても私。
斑入りモンスの経験ゼロ!!知識もほぼナイ!!

あーん(ノД`)このモンステラ大事にしたい!!!

今からでも遅くないよね。
もっと情報を集めてみます!!

p.s.ブログの更新が滞り、ご心配をおかけしました(>_<)
いつも読みに来てくださる方
ブログランキングのバナーをクリックしてくださった方
本当にありがとうございます!

三日坊主の私がこうしてブログを続けられるのは、
読んでくれる『あなた』のおかげです。

ブログランキングをクリックして下さった心優しいお方へ
嬉しさのあまり、ジーンと目頭が熱くなりました。

こんな私ですが、これからもよろしくお願いします。
関連記事

セロームの目玉模様

セロームの特徴、幹の目玉模様が出来る様子を
ちょっと写真で紹介してみますね♪

entry_img_45.jpg

古くなって役目を終えた葉が自然に落ちると・・・
(黄色くなっているもの)
↓  ↓  ↓
セローム目玉2
葉の付け根だった部分が模様になります!だからこれは「成長の証」
セロームの葉が大きいほど目玉模様も立派なのができます(`・ω・´)

うちのセロームもちょっとは貫禄がでてきたかしら?



最後に全体像を。
entry_img_44.jpg

セロームだけは
和風のツボみたいな鉢に植えています。
(普段は白っぽい鉢ばかりを愛用)

たくましくて堂々としてるからかなぁ~。
濃い色で渋い鉢の方がセロームが映える気がして。


結構、横に広がるのでスペースをとりますね(^^;;
それが唯一の難点かも。

すっごーく個性的なんですが、
なんだか愛おしい観葉植物です(*´ω`*)
関連記事

ワイヤープランツの勢いがとまらない!

ワイヤープランツの元気がよすぎて
おもしろいくらいに伸び続けています!

ワイヤープランツ2013年3月14日
▲2013年3月14日
素焼きの鉢に植え替えた直後は
まだ表面の土が丸見えの状態…。

entry_img_48.jpg
▲2013年5月20日
でもすぐに葉っぱが茂って
スカスカだった鉢の違和感がなくなりました!

いやーワイヤープランツってほんとに強いですよね。
四方八方にグングン伸びる。


それで、またまた植え替え。
(この間やったばかりだけど)
ワイヤープランツ植え替えその2
根っこもシッカリ伸びていて
鉢底石をがっちりホールドしてましたよ。

ワイヤープランツ、ハンギング
今度はハンギングバスケットに。
最初と比べると5~6倍くらいに育ったかも!?

こんなに小さくて繊細な印象の葉なのに
とってもパワフル!


この頃はまだ
バスケットの中に収まっていた枝ですが、
6月に入るとだんだん垂れ下がってくるようになりました。

そんな風になびく様子もかわいくて。
横からも写真を撮ってみました♪
ワイヤープランツ、ハンギング横から

植える鉢によって
また違う雰囲気が楽しめますねo(^▽^)o

ちなみに
買ってから まだ一度も剪定してません。
今は自然に任せて伸ばしている感じです(^-^)


関連記事

黒ポットの底にネットを敷くべきか…

タイトル通りなんですが
モンステラの植え替え用黒ポットに鉢底ネットを入れておこうか
底ネットがなくても平気なのかー。
ちょっと迷ったので1鉢ずつ試してみようと思いました。

今回使うのはビニール素材のポットで3号鉢。
底には直径1cmほどの排水用の穴があります。

鉢底ネットをこの穴よりも少し大きいサイズにカットして
黒ポットにネット
比較のため一方(右側)にだけセット

entry_img_47.jpg
↑底ネットを置いた方には
目印として黄色のマスキングテープを貼っておきました。

それから、種から大事に育てているモンステラ・デリシオーサの苗を
根っこを崩さないように そっと移植します。

デリシ仮植え1

上から優しく土をかぶせて・・・。

デリシ仮植え2
同じ要領で、もう1鉢。
まだ根が細いから、傷つけないよう
細心の注意を払っての作業。

デリシ仮植え3
ふぅー。植え替え完了!
早く新しい鉢に馴染んでくれるといいな☆


・・・で。
ふと黒ポットを持ち上げて移動させてみたら
底ネット有無
出てきた土の量に、こんなに差が!!

もう一目瞭然ですよね(=_=)
鉢底ネット【左:無し/右:有り】

左側のは、ちょうど穴の形に沿って土がこぼれてる。
それに対して右側は ほんの少しだけ。


あちゃー(´△`)


そして今更「苗は入れずに土だけで試してみればよかったのかな」と気付いた私←遅すぎ。

うーん。
何回か水やりして、土が落ち着いたら
下から溢れてくる量も少なくなってくるんでしょうか?


という訳で

現時点での結論は『やっぱり鉢底ネットは使うべし!!

関連記事

白いガーデンラックを購入

フラワースタンドとも言うのかな?
植物専用に真っ白なラックを買いました。


ホワイトシェルフ2段
「ホワイトシェルフ 2段」
ちょっと遠くのホームセンターに展示されてて。
\(・o・)/!前から気になってたんだ~。

ラック1
いざ開封!
ラックはスチール製です。あとは付属の部品と説明書が1枚。

ラック部品
部品のネジ。
ちゃんと六角レンチも付いてる。親切ですよね♪

ラック2
さっそく組立て。
―といっても、10箇所をネジで固定するだけ(^O^)
棚の左右を2段、あと飾り枠に2箇所。

説明書も必要ないほど簡単。
六角ボルトをレンチでグルグル回していく。

entry_img_46.jpg
全部で10分かからないうちに完成!
(サイズ:W55×D29×H59cm)

デザイン重視で選びました。+゜*。
明るくて清潔感のあるホワイト。
それから飾りのクルンとした曲線がカワイイ♪
脚の部分も、手前側が丸くカーブしてるんですよ~!

お値段は1,480円
これとそっくりなデザインのを通販のカタログで見たことあるんだけど
6千円近い価格だったよ(゚o゚;;

さてさて、部屋のどこに置こうかな~。
何を飾ろうかなぁ。

モンステラの苗・・・だと30個近くあるから
この棚 一気にいっぱいになっちゃう?
関連記事

順調すぎるセローム

春の訪れとともに
毎年、真っ先に緑を芽吹かせるセローム。

ひとたび冬眠から目覚めたら
次から次へと新芽を伸ばしていきます。

セローム201306
見るたびにグングン成長している、とってもタフな観葉植物。

セロームの葉1
生まれたてのピカピカ。この光沢が美しい!
でも写真だと、偽物の葉っぱみたいにも見える(^^;;

セロームの葉2
全体で20センチくらい?

寒かった時期には一時的に葉が小さくなってたけど、すぐに復活。
今までで一番ビッグなサイズ!絶好調!

セロームは成熟するにつれて葉っぱの形が変化します。
幼苗のときは丸みを帯びていて、
ギザギザがだんだん深くなっていきます。

毎回少しずつ雰囲気が変わるので
これを見るのがとーっても楽しみなんです(´∀`*)

最後に全体像を♪
entry_img_44.jpg

和風のツボみたいな鉢に植えています。
(普段は白っぽい鉢ばかりを愛用)
セロームはたくましくて堂々としてるせいか、濃い色で渋い鉢が映える気がして。


冬に落葉した分を取り戻してきて、葉っぱの数が増えてきました♪
生き生きとした姿。輝かしいとさえ感じてしまいます。


個性的で魅力いっぱいのセローム。
丈夫で育て安いので、オススメな観葉植物です(^-^)


関連記事

モンステラの種まきから60日目

早いもので、モンステラの種まきから
今日で60日目となりました。

こんなに たくさん発芽しましたよ!
なかなか動きがなかった種も
ちゃーんと芽を出してくれました(^O^)

entry_img_43.jpg
結局、腐っていた1粒以外は全部発芽!ヤッターO(≧▽≦)O

やっぱり休眠が深かった種もあったのね。
水やりしながら、じーっと待ってて よかった♪

写真では見えにくいですが
もう2枚目の葉っぱが開ききっているモンステラも、ちらほら。

それで そろそろ植え替え用の鉢を用意しておこうと
100円ショップ『ダイソー』に行ってきました。

このブログを通じて知り合えたリエさんが情報をくださいました!ありがとう♪

買ったのはこちら
ダイソーのポリポット
黒のポリポット。50個入り:ダイソー

なんと言っても嬉しかったのは、このセットの個数。
多すぎず少なすぎず。まさに私が求めていた数だったんです!

1個あたり2円で鉢が用意できました(´∀`*)


モンステラの育て方の変更点


種まきから60日経過で、今までのやり方と変えた事をメモしておきます。

水やり


全部同じタイミングで水やりしていた⇒個別対応に。

モンステラの個体差によって
「水を早く吸う苗」・「土が乾くのが遅い苗」が出てきたから。

置き場所


部屋の真ん中(温度と湿度を重視)⇒窓際の明るい所に移動。
まずはレースのカーテン越しで。徐々に自然光に慣らしていく予定です。



また週末くらいに植え替えしてみようかな。



関連記事

ウッドデッキのバラ『ピエール・ドゥ・ロンサール』

おはようございます♪

今日は実家のウッドデッキの植物たち。
entry_img_42.jpg
まず最初は『ピエール・ドゥ・ロンサール』
その美しさと育てやすさから、世界中で愛されているバラ。
クラシカルな花形とピンクの繊細な色合いに、もうウットリ。


実はこのバラ、何年か前の母の日にプレゼントしたものです(*´∀`*)

それまで母に贈り物とか特にしたことなかったんですが、
自分が出産を体験して、育児を経験してきて
「私が赤ちゃんの頃にも、こんなふうに愛情を注いでくれてたのかなぁ」と
じーんと母への感謝の気持ちが込み上げてきました。

園芸好きな母。
ピンクのバラが好きなのを思い出し、苗を送りました。

えーっとそれから
実家の植物1
アイビーが もっさりと茂ってたり。

普段に比べて花は少なかったんですが
『最近、多肉をはじめた』と言ってました♪
実家の植物2
ランナーがいっぱい伸びてる「子持ち蓮華」

実家の植物3
これ何だっけ?(TwTlll)
  多肉の名前って全然覚えられなくて、せっかく調べてもすぐに忘れちゃう(=_=)

観葉植物のことなら、だいぶマニアになってきたつもりでしたが(^^;;
改めて、まだまだ知らないことが沢山あるなぁ。植物の世界って広いっ。奧が深い!


 おまけ


息子(もうすぐ3歳)が私の真似をして植物の写真を撮っていました♪

でも、被写体に近づきすぎて真っ暗だったり、ピントが合ってなかったり(*_*)
本人は必死にデジカメのシャッターを押してるつもり、なんだろうね。

1枚だけ ちゃんと写っていたので載せさせてくださ~い。
モンステラ・アダン
モンステラ・アダンソニー。
この構図は、大人はない発想?
子供っておもしろいなぁ~と感じさせられる毎日です(●´ω`●)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。