FC2ブログ

葉色BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな時期に新芽?!・・・と2015年の抱負的なもの

冬休みが終わり
また、いつもの日常生活が戻ってきました。

年末年始―私がまったりと過ごしていた間に、
せっせと新芽を出そうとしているのは・・・

entry_img_241.jpg


クワズイモ!
真冬なのに、動き出すとは思わなかったヨ(・∀・)

葉っぱが増えたり減ったりを繰り返しているクワズイモ。
今年こそは、順調に成長してくれるのでしょうか。。。

2015年の目標


えーっと、新年ということで
突然ですが私なりの「目標」をブログに書いてみます(*^^)v

今年のモットーは
溜め込まない
にしようと思ってます♪

夫に「どう?」って聞いたら
「うん、うん。いいよ~ピッタリじゃん!」って即答されたんだけど…。
えー。普段の私って・・・・・・(=_=)?


①まず疲れやストレスを「ためない」。
三十代になってから体力の衰えも感じるようになってきたので、
いろいろ無理をしないようにという意味で。健康第一!

②余分な脂肪もw
体重を測ったら1~2キロ増えちゃってたのよねぇ( ̄▽ ̄)
2015年は、新しく家族に愛犬が仲間入りしたことだし、
散歩を楽しみながら体脂肪にサヨナラしたいです

③モノを溜め込まない
これは結構、できてるんじゃないかなぁと自負。

だけど、ちょっと油断すると途端に
本当は要らないはずのゴミや、よく分からないガラクタが山積みにーなんて事も…。

今年は?今年こそ?
サッパリしたシンプルで快適な住まいを目指して!
頑張るぞー

それから
やらなきゃいけない事なんかをササッと済せられるようになりたい。

いつもなら何てことないような家事や掃除。
日々のちょっとした雑用なんかを
ついつい後回しにしてしまったりする事があります(^_^;)

イマイチ気分が乗らなかったり、
疲れてたり、体調が悪かったりすると面倒で・・・。
頭の片隅で『あれ、やらなきゃなー』って思いながら、
「やっぱり、まぁいっか~」と言い訳してダラダラ過ごしちゃったり((+_+))

でも。
本当は、すぐに用事を片付けちゃった方が
スッキリして気分もいいし、余裕が持てて結果的には楽なんですよね。

だから今年は
「思いついたら、早めに実行」しよう♪

「なるべく早め」っていうのがミソです(´▽`)
途中で息切れせずに続けられるように、
こんな感じでユルくやっていこうかと思っております
スポンサーサイト

7分の3

全部で7枚ある葉っぱのうち
3枚が黄変してしまったクワズイモ・・・。

いきなり、なぜ??

先週のブログで
『クワズイモとの付き合い方が分かってきたかも~』とか
書いたばかりなのに。。。

entry_img_218.jpg

健康な葉っぱの枚数が
一気に、半分に減っちゃったじゃん!!

( ´△`)爆


もしかしたら―
黄色く変色したのは
ハダニにやられてた葉っぱなのかな??

育て始めて、もうすぐ2年。
そろそろクワズイモと仲良くなりたいよぅ


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日は短い記事になってしまいましたorz

写真も1枚だけだし、
記事中に「役立つような情報」なんかも全く盛り込めず。
終わり方だって、な~んのオチもないという・・・(>_<)

せっかく読みにきて下さったのに、
薄っっい内容でゴメンナサイ

あれれ?なんだかクワズイモの調子が良くなってきた

水遣りのタイミングが掴めなくて
ずっと「加減が難しいなぁ~」とか思っていたのに。

このところは
なんだかクワズイモの調子がいい!

entry_img_214.jpg

新芽、続出!

こんなにスムーズに
葉っぱが次々と伸びてくるのって
はじめてかもしれない!!

ダメそうになっても、諦めない


私の間違った育て方のせいで
枯れかけの危機に瀕していたクワズイモ。

イモの部分がブヨブヨに腐ってからは
どんどん弱ってしまい・・・
全ての葉っぱがなくなった時期もありました。

そんな絶望的ともいえる
丸坊主な状態からの再出発でしたが

entry_img_137.jpg

また元気に復活してくれることを信じて―

最後の最後まで
諦めずに見守ってきました。

クワズイモ201410

あの時の
枯れそうだった傷痕
今も、くっきりと残ってしまってますが・・・

ようやく『クワズイモらしい本来の姿』を
取り戻しはじめているよう。

ツヤピカな緑の葉に
なんだか感激さえしてしまいます

ハダニなおった

あれから1年も経たずに、
ここまで漕ぎつけたクワズイモ!すごい!!


いつも全力でひたむき。
そんな植物の生きる姿は、いつも勇気づけられてばかり。
私自身も「真っ直ぐに生きるように」と
教えられているような気がしてなりません。

クワズイモと付き合うコツが分かってきたかも


すみません、話が少しそれてしまいました。

デリケートだと思っていたクワズイモですが、
苦戦しながらも接しているうちに
だんだん「どんな管理を好むのか」分かってきたような気がします。

①小さめの鉢で、水捌けよく!
②メリハリをつけた灌水を


この2つに注意したら、
そんなに難易度が高い部類じゃないみたい。


◇観葉植物の売場で、
クワズイモの鉢を見かけるたびに
不思議だな~って思ってたんだけどね。

あの、すごく窮屈そうな鉢に入れられてるのは
クワズイモを腐らせないためだったんですね!

実際にクワズイモを育ててみたら、納得でした。

海外の観葉植物、そのスケールに驚いた!

"クワズイモ"は日本での呼ばれ方ですが、
世界共通の名称としては「Alocasia odora」という学名が付けられています。
アロカシア オドラって、舌を噛みそうな発音ですよね

英名では親しみを込めて
Elephant ear plant(s)と言われているみたいです。

検索してみたら、
ものすごい写真がたくさん!

なにが凄いって?

entry_img_199.png
Google の画像検索結果

あまりにビッグなんです。
人間と一緒に写っているの、見えますか

もっと拡大↓

elephant ear plants検索結果

うひゃー
ど…どでかい!!!
一年を通して温暖な気候で地植えされると
こんなに巨大に育つのかしら

Elephant ear plant(s)=「象の耳の植物」
この写真をみると、納得のネーミングですね!



それにしても

487f3831c27b6b013121762de09bcad6.jpg

まるで、借り暮らしのアリエッティ。

このオッサン男性が、
ファンタジーの世界に住んでいる小人かと、一瞬 目を疑っちゃうね。

こちら写真の左下に黄色い文字で
BANANAS.org とあったので調べてみたら↓
bananas org

こんなサイトでした。

どうやら
観賞用バナナについて情報交換や議論を目的とした
非常にコアなマニアが集うためのコミュニティーのようです。

一応、リンク貼っておきます⇒Bananas.org

うちのエレファント・イヤー プランツは


まだまだ、ちっぽけですね。
いや~世界は広いなぁ

クワズイモ201409

フィーバーしていたハダニの被害
涼しくなったおかげで、若干おさまってきたかもしれません。

ハダニから回復へ

油断は禁物!?

トラブルの嵐

長い間丸坊主のままで
「枯れてるのかなぁ」と内心、冷や冷やしていたクワズイモ本体

ちゃーんと生きてました!!

entry_img_189.jpg

【拡大図】
細い親株

パワーみなぎる子株。
それとは対照的に貧弱で弱々しい親株(-_-;)

そんな立場が逆転している親株さんですが。
ゆっくりと動いて葉の数が0→3に増えたんだ

クワズイモ201408

あ~よかったー(´-ω-`)
後発の子株に押されながらも、
マイペースに?頑張っているようですね。



ところが。。。
安心できたのも束の間
―またまた様子が変になってきました。

クワズイモ ハダニ

なんだか、葉っぱがカスれて緑色が抜けてきているような。

ん?
もしやこれはハダニの痕跡?!


いやぁあああああー




葉の表面から汁を吸われたんでしょうか。
全体的に白っぽく、まだらになっています。
(↑想像するだけでキモチ悪、うぇ~)

や、やられたー

とりあえず応急処置として
すぐさま水で、葉の表裏をしっかりと洗い流してみました。
優しく「チョロョロ~」じゃないですよ。
水シブキが立つほど激しい勢いのシャワーを、
『これでもかー!!』ってくらいにジャージャー浴びせました( `ー´)ノ

水平線b

クワズイモ。
一難去って、また一難です
うちに来てからというもの
①根がない②腐る(軟腐病)、そして③ハダニ被害
と、次から次へと問題のオンパレード(ノД`)・゜・。

しかも今回は
ひとたび発生したら、爆発的に増えていくおぞましいハダニ。
撲滅までは・・・長期戦になるかもしれません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。